プログラミングスクール

40代からのプログラミングは無駄?無理?【副業がおすすめ】

更新日 :

40代からのプログラミングは無駄?無理?【副業がおすすめ】
40代からのプログラミングは無駄?無理?副業がおすすめの理由を知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーや就職・転職でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回は40代からのプログラミングは無駄?無理?なのか、40代からのプログラミングは無駄と言われる理由やおすすめの学習方法についてご紹介していきます。

【迷ったらココ!】40代におすすめのプログラミングスクール3選

tech boost
tech boost
侍エンジニア
侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)
テックアカデミー
テックアカデミー
講師は全員現役エンジニア
キャリア支援サービスを無料提供
独自のポートフォリオ制作支援
給付金で受講料金が最大70%OFF
累計指導45,000人&転職成功率98%
オーダーメイドカリキュラム対応
無料の転職サポートあり
専属マンツーマンレッスン方式
講師は全員現役エンジニア
週2回のマンツーマンメンタリング
無料の転職サポートあり
課題レビュー&チャット質問し放題

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する情報を発信しています。他の記事も合わせてご覧ください。

おすすめ40代・50代におすすめのプログラミングスクール6選【未経験者必見!】

目次

40代からのプログラミングは無駄?無理?

結論からお伝えすると、40代からでもプログラミングは無駄になりません。

また、40代からプログラミングスキルを習得している人は多く、無理でもないので安心してよいでしょう。

プログラミングには特別な学歴・資格・経験が要らないため、小中学生でも40代50代でも勉強できます。

そのため、年齢が高いからプログラミングできない、という事態にもなりません

「40代からプログラミング学習して今更どうするの…」と尻込みしている場合でも、まずはチャレンジしてみましょう。

おすすめプログラミングを学ぶのに年齢は関係ない?限界は何歳から?

40代からのプログラミングは無駄と言われる理由

40代からでもプログラミングを学ぶことができますが、一方で「無駄」「意味ない」と言う人がいるのも事実です。

ここでは、なぜ40代からプログラミングを学ぶのが無駄と言われてしまうのか、主な理由を解説します。

40代からのプログラミングは無駄と言われる理由

  • 若手より転職難易度が高い
  • 転職によって年収ダウンは避けられない
  • プログラミングは体力・集中力が必要

それでは順番に解説していきます。

理由1. 若手より転職難易度が高い

プログラミングを学んでエンジニアに転職しようとしている場合、20代の若手より40代の方が不利なのは確かです。

特に未経験からエンジニアに転職したいときは、まず若手から優先採用されるとイメージしておきましょう。

企業側も長期的な教育・研修を見込んでおり、働ける期間が長い人を採用したいという思惑が働きます。

40代のエンジニア転職であれば、20代30代にはない高い専門知識やハイレベルな実務経験が求められることがほとんどです。

未経験であれば相当なアドバンテージを提示しなければならず、転職活動が思うように進まないことも出てくるでしょう。

おすすめ未経験からプログラマーになれるのは何歳まで?【35歳限界説は本当?】

理由2. 転職によって年収ダウンは避けられない

無事に40代未経験からエンジニア転職できた場合でも、前職より年収が下がるケースは珍しくありません

未経験者として扱われるので20代の若手と同じ年収相場になりやすく、これまでコツコツとキャリアアップしてきた40代にとっては物足りないこともあるでしょう。

場合によっては新卒同等程度の年収になってしまい、生活レベルが大きく下がってしまうことも。

40代は家庭を持っている人も多く、家のローンや子どもの教育費、親や自分の老後費用をしっかり稼ぎたい世代でもあります。

自分が求める年収に到達しないことを理由にエンジニア転職を諦めてしまった人にとっては、「プログラミングは趣味にしかならない」と感じることもありそうです。

理由3. プログラミングは体力・集中力が必要

プログラミングは高度な専門技術を使う業務であり、体力も集中力も必要です。

長時間パソコンに向かって作業することも多いので、「目が疲れて集中できない」「腰が痛くてずっと座っていられない」などのハードルがあるかもしれません。

また、実際の現場では納期に合わせて残業・休日出勤しながらプログラムを組むなど、体力重視の働き方になることもあります。

せっかくエンジニア転職できても、「20代と同じ働き方はできない!」と諦めてしまう人もいるでしょう。

どうしてもプログラミングを仕事にしたいのであれば、人数が多く働き方改革の進んでいる企業に入社するか、フリーランスエンジニアになって自分のペースで仕事を組み立てることが重要です。

おすすめ40代・50代におすすめのプログラミングスクール6選【未経験者必見!】

40代からのプログラミングは無駄・無理ではない理由

ここでは、40代からのプログラミングが無駄ではない理由を解説します。

同じく、無理ではない理由にも触れるので、躊躇っている方はぜひチェックしてみましょう。

40代からのプログラミングは無駄・無理ではない理由

  • 新しい趣味になる
  • 副業・フリーランスなら稼ぎやすい
  • 知識を本業に活かせる
  • 起業・独立できる可能性もある

それでは順番に解説していきます。

理由1. 新しい趣味になる

プログラミングは必ずしも仕事にする必要がなく、趣味の範囲で楽しんでいる40代の人もいます

自分でゲームを作ったり、身内だけで使える便利なアプリケーションを開発したりすれば、アウトプットも可能です。

Webデザインとプログラミングを掛け合わせてハイレベルなブログを作るなど工夫し、自己表現の場としている人も多いです。

その他、わかりやすい成果を求めるなら競技プログラミングにチャレンジするのもおすすめ。

純粋にコードを書く作業を追及しやすく、世界中のプログラマーと交流しながら競い合えるのが魅力です。

理由2. 副業・フリーランスなら稼ぎやすい

エンジニア転職を希望しないのであれば、副業やフリーランスがおすすめです。

本業は今のまま継続しつつプログラミングの副業ができれば、年収を底上げできます。

生活レベルも上げやすく、かつスキマ時間を有効活用しながら自己成長できるので、メリットの多い手法と言えるでしょう。

また、フリーランスエンジニアとして独立するのであれば、自分のペースで仕事を組み立てられます。

技術や知識次第では高単価案件に挑戦できるようになるので、会社員時代より高い年収を稼げることも。

リモートワークできれば自宅や地方でも働きやすく、40代でのライフスタイル変化にも対応できます。

おすすめフリーランスへの独立を目指せるプログラミングスクールおすすめ9選
おすすめ副業におすすめのプログラミングスクール7選をご紹介

理由3. 知識を本業に活かせる

社内SE、Webデザイン、マーケティングなどを本業にしている40代の方は、プログラミングスキルを活かしながら働くことも多いです。

自社のセキュリティを構築したり、UI/UXに優れたWebサイトになるよう改良したり、さまざまなシーンで知識が活きてきます。

機械学習やビッグデータ解析の手法を学べば、マーケティング時の情報収集・分析にも役立つでしょう。

また、プログラミングを学んだことで自社のエンジニア部門に配置変えしてもらう場合、年収を下げることなく技術職になれる可能性も高まります

仕事にプログラミングを活かしたいと感じる人は、転職以外の手法を探ってみるのもおすすめです。

理由4. 起業・独立できる可能性もある

会社員としての働き方に違和感がある40代の方は、フリーランスエンジニアとして独立を目指しましょう

最初は副業から始め、ある程度軌道に乗ってから本格的にフリーランスになるなど段階的に進めれば、大きな失敗も防げます。

働くペースや請け負う案件も比較的自由に設定しやすく、介護や育児に忙しい40代でも無理なく働けるかもしれません。

また、IT企業を自ら立ち上げ、代表取締役になるキャリアプランも用意されています。

場合によってはプログラミング仲間と会社を立ち上げることもできるので、「40代のうちに何か成し遂げておきたい!」という人はチャレンジしてみましょう。

40代からプログラミングで稼ぐ方法

ここでは、40代がプログラミングで稼ぐ方法を解説します。

プログラミングを趣味として完全に割り切るのでない限り、できれば仕事に役立てて年収や仕事の幅を広げたいというのが本音です。

下記では代表的な稼ぎ方やおすすめの方法に触れるので、ご参考ください。

40代からプログラミングで稼ぐ方法

  • エンジニア転職は難しい
  • 副業・フリーランスがおすすめ

それでは順番に解説していきます。

エンジニア転職は難しい

40代の場合、完全未経験でエンジニア転職するのは非常にハードルが高いのであまりおすすめできません。

未経験歓迎を謳っている求人であれば応募できますが、20代30代など若手人材と同じ土俵で戦うことになります。

「同じ未経験であれば若手を雇いたい」と考える企業が多いので、40代未経験からエンジニア転職するのは相当にハードルが高いでしょう。

また、無事に転職できたとしても新卒同等の待遇になってしまうなど、年収面でのミスマッチが生じることも多いです。

どうしても転職したいのであれば副業で実務経験を積んでから転職活動するなど、自分に付加価値をつける対策が求められます

副業・フリーランスがおすすめ

40代からプログラミングでキャリアアップしたいのであれば、副業やフリーランスがおすすめです。

副業であれば純粋に本業にプラスして収入を得られるので、損することがありません。

順調にスキルアップして副業の収益が伸びてきたら会社を辞めるなど、多彩な選択肢も残せます。

その後はフリーランスエンジニアとして活動すれば、自由な働き方と高収入、どちらも手に入れられるでしょう。

おすすめフリーランスへの独立を目指せるプログラミングスクールおすすめ9選
おすすめ副業におすすめのプログラミングスクール7選をご紹介

40代からプログラミング学習を始める方法

40代からプログラミング学習したい場合、下記いずれかの方法を検討しましょう。

どの方法も年齢不問で挑戦できますが、相性があるので要注意。

それぞれのメリット・デメリットも解説していきます。

40代からプログラミング学習を始める方法

  • プログラミングスクールを利用する
  • 参考書や本で勉強する
  • 動画教材で勉強する

それでは順番に解説していきます。

1. プログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールは民間のキャリアスクールであり、基本的に誰でも利用できます。

プログラミングスクールのメリット
プログラミングスクールのデメリット
  • 初心者でも無理なく学べるカリキュラムがある
  • わからないときに質問できる講師やメンターがいる
  • キャリアサポートがあり転職独立副業を支援してくれる
  • 受講生同士のつながりでコミュニティが生まれる
  • 学習法に迷わなくて済むので効率がいい
  • スクールによっては受講料が高額
  • オンライン(または通学)にしか対応していないスクールがある
  • 受講条件が設けられている場合がある

完全初心者から効率よくプログラミング学習したいのであれば、プログラミングスクールがおすすめです。

多くのプログラミングスクールでは実務を想定したカリキュラムを組んでいるため、現場で役立つスキルを習得できるのがポイント。

わからないところがあればいつでも質問できるシステムがあり、転職エージェントレベルの高水準なキャリアサポートも提供されます。

その分高額な受講料がかかること、利用形態次第では自分に合わないかもしれないことに注意しましょう。

>> プログラミングスクールの料金相場を徹底比較!コスパが良いおすすめスクールも解説

無料のプログラミングスクールもありますが年齢を20代または35歳程度までと指定していることが多く、40代での受講は難しいことが大半です。

カリキュラムやサポート内容もプログラミングスクールごとにさまざまなので、まずは自分に合うスクールの選定から始めましょう。

おすすめ年齢制限がないプログラミングスクールおすすめ8選をご紹介

2. 参考書や本で勉強する

プログラミングのニーズが拡大されている昨今、初心者向けの参考書も豊富に販売されています。

本で学ぶのに慣れている人は、参考書を活用してみましょう。

参考書・本で学習するメリット
参考書・本で学習するデメリット
  • 初心者向けの参考書を使えばわかりやすい
  • 自分と相性の良い参考書を自由に選べる
  • 最大数万円程度で購入できるのでコストパフォーマンスが良い
  • 時間や場所を選ばず目を通せる
  • インプットだけに偏りやすい
  • 自分にどの参考書が合うかわからず迷走しやすい
  • わからないときに聞ける人がいない

参考書を使う場合、基本的に独学で進めなくてはいけない点に注意しましょう。

豊富な種類の参考書があるからこそ何を使うべきか迷いやすく、迷ったときに聞ける相手もいないのがデメリットです。

そもそもの参考書選びに時間を割かれやすく、プログラミング学習を始めるまでの効率が悪くなることも。

とはいえ、マッチする参考書を選べればプログラミングスクール以上のコストパフォーマンスを発揮するので、注目したい方法です。

参考書選定の部分だけプロにアドバイスしてもらうなど、対策していきましょう。

おすすめプログラミングスクールと独学はどっちがおすすめ?【メリットやデメリットも解説】
おすすめプログラミングの独学は無理?【無理なく進める方法も解説】

3. 動画教材で勉強する

YouTubeやUdemyなどの動画投稿サイトにも、プログラミング学習にまつわる動画教材が多数あるのでチェックしてみましょう。

動画教材で勉強するメリット
動画教材で勉強するデメリット
  • 初心者向けの動画教材を使えばわかりやすい
  • 自分と相性の良い動画教材を自由に選べる
  • 無料もしくは数千円程度で利用できるのでコストパフォーマンスが良い
  • 時間や場所を選ばず目を通せる
  • インプットだけに偏りやすい
  • 自分にどの動画が合うかわからず迷走しやすい
  • わからないときに聞ける人がいない

動画教材で学ぶ場合と参考で学ぶ場合とのメリット・デメリットは、非常に似通っています。

文字で見た方がわかりやすいタイプの人は、参考書にするのがおすすめ

反対に、動画など視覚や音で学んだ方がわかりやすいタイプの人は、動画にするのがおすすめです。

動画であれば実際の動きを見ながら真似してコーディングできるので、効率よく感じられます

とはいえ、どちらも教材との相性が重要であり、選定に時間がかかるのがデメリット

エラーが発生したときの解消法や自分のアイディアを形にする方法までは書かれておらず、個別最適なプログラミング学習ができるとは限りません。

過去にプログラミング学習した経験があり最低限の知識が身についている人や、家族や友人にプログラミングスキルのある人がいていざとなったら質問できる人に向いている学習法です。

40代におすすめのプログラミングスクール5選

ここでは、40代未経験からプログラミング学習を始める人に向けて、おすすめのプログラミングスクールを紹介します。

整備されたカリキュラムと充実したサポート体制が魅力的なプログラミングスクールをピックアップしているので、どこに通うべきか迷ったときにご参考ください。

40代におすすめのプログラミングスクール5選の比較表

スクール名スクール画像総合評価リンク特徴料金受講期間学習形態チャット
サポート
ポートフォリオ受講生
コミュニティ
チーム開発給付金転職支援案件紹介講師の質無料体験
tech boosttech boost(4.67)・未経験からフリーランスになるサポート
・ポートフォリオ作成ができる実践型カリキュラム
・教育訓練給付制度の利用で最大29万円が支給
32,780円~3~4ヶ月オンライン
教室通学
--最大29万円-現役エンジニア
侍エンジニア侍エンジニア(4.83)・自分専用のオリジナルカリキュラムを作成
・独自開発の学習管理システムがあり挫折を防ぐ
・全ての質問に100%回答が集まるオンライン掲示板
66,000円~3~4ヶ月オンライン-最大56万円-現役エンジニア
テックアカデミーテックアカデミー(4.79)・週2回のマンツーマンメンタリング
・ポートフォリオのレビューは回数無制限
・無料の転職サポートや案件獲得サポート
119,900円~1~4ヶ月オンライン--最大30万円現役エンジニア
テックアイエステックアイエス(4.76)・現役エンジニア講師から実践的なスキルを習得
・キャリアアップに欠かせないチーム開発を実践
・就職、転職、副業、独立などのキャリアサポート
327,800円~3~12ヶ月オンライン
教室通学
最大56万円現役エンジニア
デイトラデイトラ(4.64)・教材使用期限がなく、卒業後も閲覧可能
・平日2時間・休日4時間の無理ない学習ペース
・勉強会・交流会が多く受講生同士の繋がりが盛ん
99,800円~3~4ヶ月オンライン---現役エンジニア

それでは順番に解説していきます。

40代におすすめのプログラミングスクール①tech boost(テックブースト)

tech boost(テックブースト)はフリーランスエンジニアの養成に強いプログラミングスクールです。

エンジニア転職を目指すコースもありますが、未経験転職がキャリダウンにつながりやすい40代にとっては、tech boost(テックブースト)のようなプログラミングスクールが向いています。

実際にフリーランスエンジニアとして働いている講師も多いので、フリーランスに必要な能力や実務レベルを理解して指導してくれるのも特徴。

ひとりで自走できるエンジニアを目指しやすい環境であり、会社の枠組みに捉われない働き方が叶います

カリキュラム後半では完全オリジナルのポートフォリオを作成する時間が確保されており、案件獲得の際に有利になるので、ハイクオリティな制作を目指してみましょう。

>> tech boost(テックブースト)の公式サイトを確認する

tech boost(テックブースト)の評判・口コミ【就職先や注意点も解説】
tech boost(テックブースト)の評判・口コミ【就職先や注意点も解説】

tech boost(テックブースト)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、 ...

続きを見る

tech boost(テックブースト)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

tech boost(テックブースト)の料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フ ...

続きを見る

 

40代におすすめのプログラミングスクール②侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)

侍エンジニア

画像引用元:侍エンジニア

侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)は、完全マンツーマン型のプログラミングスクールです。

エンジニア転職を目指してハイレベルな指導を受けることも、趣味・教養を目的として自分のペースでのんびり受講することもできます。

フリーランスを目指す40代や、既に実務経験があってキャリアアップを目指す40代でも活用できるので、まずは相談してみましょう。

なお、独学でプログラミングを学んだ経験のあるひろゆき氏も侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)とタイアップしています。

ひろゆきさんを質問責め!エンジニアの気になる11の質問をぶつけてみた

プログラミングに関するコンテンツは、動画だけでなくブログでも発信されているので情報収集を兼ねて見てみましょう

必要なプログラミング言語を選んでもらいながらマンツーマンで指導を受けられれば、年齢によるネックを感じることもありません。

>> 侍エンジニアの公式サイトを確認する

侍エンジニアの評判・口コミや各コースの料金【ひどい・炎上って本当?】
侍エンジニアの評判・口コミや各コースの料金【ひどい・炎上って本当?】

侍エンジニアの評判・口コミを知りたい!ひどい・炎上って言われているのは本当かな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった ...

続きを見る

侍エンジニアの料金は高い?【お得な割引方法10選もご紹介】
侍エンジニアの料金は高い?【お得な割引方法10選もご紹介】

侍エンジニアの料金って高い?割引方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が ...

続きを見る

侍エンジニアで給付金を受け取る方法【受給条件や注意点も解説】
侍エンジニアで給付金を受け取る方法【受給条件や注意点も解説】

侍エンジニアで給付金を受け取る方法を知りたい!受給条件や注意点はあるかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエ ...

続きを見る

 

40代におすすめのプログラミングスクール③TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)は、エンジニアに必要なスキルを最短距離で学ぶことに特化したプログラミングスクールです。

確実に副業や転職につながる学びができるので、プログラミング学習の目的がキャリアアップにある、という40代の人におすすめ。

はじめての副業コース」ではWeb制作に特化したスキルセットが採用されており、副業を始めやすいのもポイントです。

一定のスキルレベルに到達した受講生には実際の案件が紹介され、作業から納品、作業料の受け取りまでフルサポートしてもらえます。

テックアカデミーの案件獲得サポート

画像引用元:テックアカデミー

フリーランスエンジニアは実績が重視されやすいので、講師のサポートを受けながら実績を積めるTechAcademy(テックアカデミー)は初心者に優しいプログラミングスクールと言えるでしょう。

>> テックアカデミーの公式サイトを確認する

TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ【料金やおすすめコースも解説】
TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ【料金やおすすめコースも解説】

テックアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職とい ...

続きを見る

テックアカデミーの料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

テックアカデミーの料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

 

40代におすすめのプログラミングスクール④テックアイエス

テックアイエス

画像引用元:テックアイエス

テックアイエスは自分ひとりでプロジェクトを推進できるスキルレベルを目指すプログラミングスクールであり、ハイレベルな指導が受けられます。

わからないことがあったときに自分で解決する力を養うため、安易に答えを教えないスタイルなのも特徴。

その分、膨大なプログラミング関連のライブラリが提供され、必要な情報にいつでもアクセスできる環境が整っています。

プログラミングを学んだ後のキャリア形成に不安がある40代の人でも、自己解決力を身につけられるので安心です。

>> テックアイエス(TECH I.S.)の公式サイトを確認する

テックアイエス(TECH I.S.)の評判・口コミ【料金や就職先も解説】
テックアイエス(TECH I.S.)の評判・口コミ【料金や就職先も解説】

テックアイエス(TECH I.S.)の評判や口コミってどうなの?料金や就職先、メリット/デメリットの詳細を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まって ...

続きを見る

テックアイエス(TECH I.S.)の就職先や年収を解説
テックアイエス(TECH I.S.)の就職先や年収を解説

テックアイエス(TECH I.S.)の就職先や年収を知りたい!入会から就職するまではどんな流れなのかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フ ...

続きを見る

 

40代におすすめのプログラミングスクール⑤デイトラ

デイトラ

画像引用元:デイトラ

デイトラは1日1題の課題形式で進行するプログラミングスクールであり、本業が忙しい人でも無理なく学べるのがポイントです。

1日にまとまった学習時間数を確保する必要がなく、1日30分から1時間単位の学習をコツコツ継続したい人にもおすすめ

少しずつ成長している実感を得られるので、モチベーションをキープしやすいメリットもあります。

SNSから誕生したプログラミングスクールでもあるので、受講生同士がSNS上で交流する姿もよく見られます。

情報収集しながら受講生とモチベーションを刺激しあいたい40代の方にとっては、これ以上ない環境と言えるでしょう。

>> デイトラの公式サイトを確認する

デイトラの評判は悪い?【闇・怪しい・炎上と言われる理由】
デイトラの評判は悪い?【闇・怪しい・炎上と言われる理由】

デイトラって怪しい?評判が悪いって本当?闇・怪しい・炎上と言われる理由を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

デイトラのおすすめコースはどれ?【3コースの中から選びましょう】

デイトラを受講したいけど、どのコースを受講したら良いのか分からない!プロの視点から見たおすすめコースを教えてほしい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まって ...

続きを見る

40代からプログラミング学習を始める人によくある質問

最後に、40代からプログラミング学習を始める人から寄せられる「よくある質問」を紹介します。

本記事の内容に目を通して、それでもまだ不安に感じる人はぜひチェックしてみましょう。

質問1. プログラミングの職業訓練はおすすめ?

ハローワークが主催しているプログラミングの職業訓練は、必要最小限のコストしかかからないという点でおすすめです。

受講料は基本的に無料であり、高額なプログラミングスクールに通う必要がありません。

かかるコストは最低限必要なテキスト代や教室までの交通費だけなので、最もコストパフォーマンスの良い勉強法と言えるでしょう。

ただし、公共職業訓練を受けるためには失業者である必要があり、失業保険の残日数も確認されます。

本業を続けながらプログラミング学習したい人、雇用保険の加入年数や失業保険の残日数が所定要件を満たさない人は受講できません。

また、人気のある講座は選考を設けており、面接や筆記試験の内容次第では不合格になってしまうこともあります。

希望すれば誰でも受講できるわけではない点に注意しながら、申請を出しましょう。

おすすめ失業保険をもらいながらプログラミングスクールを受講できる?【注意点や選び方も解説】

質問2. 40代のニートでもプログラマーになれる?

40代のニートやフリーターでも、プログラマーになることは可能です。

エンジニア業界は学歴・職歴より知識・経験・実績を重視する実力主義型の評価が主流なので、ニート出身でも高い能力があれば採用されます。

実務未経験だと年収が安くなる傾向にありますが、それでも新卒程度の給料がもらえることが多く、自立に向けて確実な第一歩を踏み出せるのもメリットです。

フリーランスであれば年齢不問なことも多いので、チャレンジしてみましょう。

おすすめフリーターやニートにおすすめのプログラミングスクール5選【就職できる?】

質問3. 50代からプログラマーになった人はいる?

40代と同じく、50代からプログラマーになることも可能です。

年齢不問で働きやすいフリーランスエンジニアを目指したり、社内での昇進や異動を目指してスキルアップしたりする目的であれば、プログラミング学習する価値は十分にあります

ただし、どうしても未経験で好待遇なエンジニア転職をすることは難しくなるので注意しましょう。

今の仕事を辞めてプログラミング学習に飛び込むのであれば、当面の生活を担保できるだけの貯蓄が必要です。

また、転職後の条件に大きなミスマッチを感じて挫折してしまわないよう、ある程度エンジニア業界についてリサーチしてから挑戦することをおすすめします。

おすすめ40代・50代におすすめのプログラミングスクール6選【未経験者必見!】

まとめ:40代からのプログラミングは無駄?無理?【副業がおすすめ】

今回は40代からのプログラミングは無駄?無理?なのか、40代からのプログラミングは無駄と言われる理由やおすすめの学習方法についてご紹介しました。

改めて40代からのプログラミングは無駄と言われる理由を確認しておきましょう。

40代からのプログラミングは無駄と言われる理由

  • 若手より転職難易度が高い
  • 転職によって年収ダウンは避けられない
  • プログラミングは体力・集中力が必要

また40代からのプログラミングは無駄・無理ではない理由は以下の通り。

40代からのプログラミングは無駄・無理ではない理由

  • 新しい趣味になる
  • 副業・フリーランスなら稼ぎやすい
  • 知識を本業に活かせる
  • 起業・独立できる可能性もある

40代からプログラミング学習を始める方法は下記がおすすめです。

40代からプログラミング学習を始める方法

  • プログラミングスクールを利用する
  • 参考書や本で勉強する
  • 動画教材で勉強する

関連記事もあわせてご覧ください。

  • この記事を書いた人
CloudInt編集部

CloudInt編集部

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクールでの体験・経験に基づき記事を監修。

-プログラミングスクール

Copyright © CloudInt All Rights Reserved.