プログラミングスクール

Node.jsが学べるプログラミングスクールおすすめ5選をご紹介

更新日 :

Node.jsを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう...
Node.jsを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師からみっちりNode.jsを教わりたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

一口にプログラミングスクールと言っても、学べる内容はスクールごとにさまざま。

Node.jsがカリキュラムに含まれているプログラミングスクールもあれば、含まれていないスクールもあるのでサポート内容や実績、カリキュラムを事前に確認しておきましょう。

そこで今回はJavaScriptの実行環境の中でも特に人気の高いNode.jsの概要やスクールの選び方、Node.jsを学習できるプログラミングスクール5選についてご紹介していきます。

【迷ったらココ!】Node.jsが学べるスクール3選

テックアカデミー
テックアカデミー
侍エンジニア
侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)
Code Village
Code Village
講師は全員現役エンジニア
週2回のマンツーマンメンタリング
無料の転職サポートあり
課題レビュー&チャット質問し放題
累計指導45,000人&転職成功率98%
オーダーメイドカリキュラム対応
無料の転職サポートあり
専属マンツーマンレッスン方式
Web開発に特化したスクール
継続率93.3%&卒業生800人以上
講師&メンター&エンジニアの3人体制サポート
転職支援(選考対策や企業紹介)

この記事でわかること

  • JavaScriptとは
  • Node.jsとは
  • Node.jsを学ぶメリットとデメリット
  • Node.jsが学べるプログラミングスクール5選をご紹介
  • Node.jsに詳しいメンターから学ぶのもアリ
  • Node.jsが学べるプログラミングスクールの選び方

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する情報を発信しています。他の記事も合わせてご覧ください。

Node.jsが学べるプログラミングスクール一覧

テックアカデミー侍エンジニアCode VillageWinスクールTech Mentor
スクール名テックアカデミー侍エンジニアCodeVillageWinスクールtech-mentor
総合評価(4.79)(4.83)(4.60)(4.54)(4.73)
Node.jsを学べるコース名Node.jsコースオーダーメイドコースWeb開発に特化した1コースのみNode.js講座Webエンジニア就職コース
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン
教室通学
オンライン
入学金なし99,000円なし19,800円0円
受講料金174,900円~495,000円~495,940円147,400円488,000円
→給付金で実質146,400
累計学習時間(目安)200時間250~300時間400時間25時間程度3・6ヶ月
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
※回数無制限
24時間対応
※回数無制限
平日15:00~20:00
休日10:00~20:00
いつでも質問可能24時間対応
サポート案件獲得保証(報酬あり)
週2回マンツーマンメンタリング
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビュー
回数無制限のチャットサポート
無料の転職サポート(企業紹介等)
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベント開催
ポートフォリオ制作
専用QAサイト使用可能
無料の転職サポートあり
全コース対象の無料体験あり
マンツーマンメンタリング
動画・テキスト教材が見放題
無期限のキャリア・転職支援
受講生同士のコミュニティ
チーム開発の経験を積める
マンツーマン授業
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
資格受験料の割引あり
教室の併用可能
就職・転職サポート制度あり
給付金の対象講座
オーダーメイドカリキュラムを採用
メンタリングで学習進捗管理
転職支援(書類・面接対策/求人紹介)
ポートフォリオ制作支援
教育訓練給付制度の対象講座
公式サイト

HTML/CSSが学べるプログラミングスクールおすすめ10選【2024年最新版】
HTML/CSSが学べるプログラミングスクールおすすめ10選【無料講座あり】

HTML/CSSを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... HTML/CSSを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングス ...

続きを見る

目次

※当記事はプログラミングスクールの受講経験、プログラミングスクールの講師経験、プログラミングの独学経験、Webエンジニア・アプリケーションエンジニア・フロントエンドエンジニアとしての勤務経験、ITエンジニアとしての就職活動経験がある私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴の詳細は記事下部の著者情報をご確認ください。 ※当記事へのご意見等はお問い合せフォームからお寄せください。

JavaScriptとは

まずは簡単に「JavaScript」の概要についてご説明します。

JavaScriptとはプログラミング言語の1種で、主にWebサービスを開発する際に使用されます

Web制作だとHTMLやCSSといった言語が馴染み深いかもしれませんが、JavaScriptはHTMLやCSSと同じファイル内に組み込んで記述できるというメリットがあります。

HTMLファイル内に<script></script>タグを記入すれば、その中でJavaScriptが機能します

またHTMLやCSSで制作した静的なWebサイトに機能を付けたり、動きを加えたりする際にもJavaScriptは使用されます。

そのためプログラミング初心者がHTML/CSSでWeb制作を学んだ次の段階で、JavaScriptを用いたWebアプリケーション開発を学ぶ、といったケースが多いです。

JavaScriptを使ってできること

ではJavaScriptを用いるとどのようなことが実現可能になるのでしょうか?

箇条書きでまとめると以下のようになります。

JavaScriptでできること

  • Webサイトに動きを付ける
    ポップアップウィンドウやスライドショーなどCSSよりも豊かなデザイン表現が可能になります。
  • Webサイトに色々埋め込める
    JavaScriptを使えばWebサイト内にTwitterやGoogleマップ、Instagramやスプレッドシートを埋め込むことができます。
  • データや情報のやり取りが可能
    サーバーと通信することでデータや情報の受け渡しができます。これにより検索機能や会員登録機能を持つ複雑なWebアプリケーション開発も可能になります。
  • スマホアプリ開発
    React NativeというJavaScriptのフレームワークを使用することでiPhoneとAndroid両方で使えるスマホアプリを開発できます。
  • スプレッドシートで自動化
    JavaScriptをベースとしたGAS(Google Apps Script)というスクリプト言語を使用することで、スプレッドシートでの様々な作業を自動化できます。
  • サーバーサイド開発
    本来JavaScriptはWeb言語の側面が強いですが、最近ではNode.jsのようにサーバーサイドでもJavaScriptを使用できるツールが増えています。

ご覧のようにJavaScriptはWeb開発にとどまらず、スマホアプリやサーバーサイドまで手が届く、汎用性が高い画期的なプログラミング言語なのです。

とはいえいきなりスマホアプリ開発やサーバーサイド開発、スプレッドシートの効率化を学ぶのはやや難易度が高めです。

そのため最初はJavaScriptを用いたWeb開発から取り掛かるのが一般的です。

実際JavaScriptを取り扱っているプログラミングスクールの多くは、HTMLとCSSとJavaScriptを用いたWeb制作をカリキュラムの冒頭に導入しています!

JavaScriptが学べるプログラミングスクールおすすめ9選【安いオンライン講座あり】
JavaScriptが学べるプログラミングスクールおすすめ9選【安いオンライン講座あり】

JavaScriptを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... JavaScriptを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラ ...

続きを見る

Node.jsとは

Node.jsとはサーバーサイドで動作するJavaScriptになります。

正確にはJavaScriptの実行環境のことです。

基本的にJavaScriptは、ブラウザ上で動作する言語です。

このブラウザ上で動作するという制限をなくしたのが、Node.jsだと考えてください。

PythonやRubyなどのように、パソコン上でも動作できるようになります。

結果としてブラウザ上で動作するJavaScriptよりも、さらに自由なファイルの読み書きができるものです。

Node.jsの特徴

Node.jsの特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

Node.jsの特徴

  • リアルタイムで反応できる
  • スケーラブルな環境を構築できる

以上の2点が代表的な特徴でしょう。

リアルタイムで反応できる

Node.jsはリアルタイムなウェブに強いのが特徴です。

例えばブラウザ上でユーザーが何かを書き込んだとして、それを即時に反映させることに強いと考えてください。
  • チャット
  • スプレッドシート
  • 電子決済

などが代表的なサービスです。

Node.jsであればこれらの機能が簡単に実装できます

スケーラブルな環境を構築できる

もう1つスケーラブルな環境構築に向いているのも特徴です。

スケーラブルとは拡張ができるということで、多数のアクセスがあるようなサービスで使われる機能だと考えてください。

従来の方法ではサーバーを増やすしかなかったのですが、Node.jsならプログラム上で処理ができるのです。

Node.jsを使ってできること

次にNode.jsを使ってできることについても確認しておきます。

Node.jsを使ってできること

  • 簡易的なサーバーとして利用できる
  • ウェブアプリの開発
  • スマホアプリの開発

以上の3点が代表的なものでしょう。

Node.jsはJavaScriptをより使いやすくするためのものです。

そのため幅広い用途で利用できると考えてください。

実際にNode.jsが使われている有名サービス

では実際にどのようなサービスでNode.jsは使われているのでしょうか。

実際にNode.jsが使われている有名サービス

  • LinkedInのモバイル版
  • マルチデバイスLab.
  • アメーバピグのピグライフ

などが代表的なものです。

Node.jsを採用している企業は以下の通りになります。

Node.jsを採用している企業

  • Microsoft
  • Yahoo
  • ウォールマート
世界規模で有名な企業で使われていることが分かりますね

Node.jsは稼げるのか

Node.jsを学べば稼ぐことができるのでしょうか。

そもそもJavaScriptは、既存のウェブサービスの開発のほとんどで使われています

これは国内のことだけではなく、海外も含めてのことです。

つまりJavaScriptをサーバー側でも使えるようにできるNode.jsの需要も高いため稼げる可能性が高いと言えるでしょう。

Node.jsの求人数

ではいくつかの求人サイトの情報を元にNode.jsの求人数を見ていきましょう。

下記はいずれも2022年4月時点の数字です。

indeedの求人数9,969件[indeedより]
求人ボックスの求人数5,950件[求人ボックスより]
dodaの求人数840件[dodaより]
マイナビ転職の求人数344件[マイナビ転職より]
リクナビNEXTの求人数287件[リクナビNEXTより]
Greenの求人数1,652件[Greenより]
レバテックフリーランスの求人数234件[レバテックより]

上の表が示すNode.jsエンジニアの求人数は他の言語や技術と比べるとやや多いです。

これは近年のIT化によってJavaScriptはもちろん、JavaScriptに関連する技術(Node.js、React.jsVue.js、Nuxt.jsなど)の需要も伸びているためです。

エンジニアとしてスムーズに就職・転職したい方にとっては、Node.jsはおすすめの技術と言えるでしょう

ただNode.jsのみの求人は少なく、HTMLやCSSなどの知識も必要です。

Node.jsの平均年収

Node.jsの平均年収についても確認していきます。

Node.jsの平均年収

  • フリーランスの平均年収が約860万円
  • 正社員だと250万円~1500万円

というデータがあります。

年収の幅が広いことからも分かる通り、スキルや経験によって年収の額は大きく違ってくると考えてください。

ただ年収が1500万円の大台にのる言語は少ないです。

Node.jsを学ぶメリット

Node.jsを学ぶメリットについても見ておきます。

Node.jsを学ぶメリット

  • 汎用性が高いので様々な現場で使われる
  • 比較的に学習しやすい
  • 需要が高い

以上の3つのメリットについて解説していきましょう。

メリット① 汎用性が高いので様々な現場で使われる

Node.jsは汎用性が高いため様々な業種・形態の開発で使われています。

この汎用性の高さがあるので、Node.jsを学ぶことによって幅広いジャンルの仕事ができます

副業・フリーランスを考えている方であれば案件獲得に苦しむ心配は少ないですし、就職・転職を考えている方であれば企業選びで困らずに済むでしょう。

当然その業種に付随する知識や経験も必要になりますが、多岐にわたって使われていることで潰しがきくと言えるでしょう。

新しいスキルを学ぶことで、これまでの業種を離れて心機一転するといった仕事の仕方も可能です。

メリット② 比較的に学習しやすい

Node.jsは需要が高いため、初心者の方でも学習しやすい環境が整っています

  • 書籍
  • 解説サイト
  • 動画教材
  • オンラインスクール
  • プログラミングスクール

などが代表的なものでしょう。

特にオンラインスクールやプログラミングスクールは初級者向けのものから、応用したものまで技術レベルに合わせたカリキュラムが用意されています。

中には生徒の目標に応じてオーダーメイドでカリキュラムを作ってくれるところもあります

他にも転職サポートや副業のための案件獲得サポート質問サポートやカウンセリングサポートなど、スクールによって様々な特徴があります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

無料体験できるプログラミングスクールおすすめ10選を解説
無料体験できるプログラミングスクールおすすめ10選を解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験できるプログラミングスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクール ...

続きを見る

転職支援・就職支援に強いプログラミングスクールおすすめ10選【2024年最新】
転職支援・就職支援に強いプログラミングスクールおすすめ10選【2024年最新】

転職支援・就職支援に強いプログラミングスクールを知りたい!スクールの選び方や学習方法のコツはあるかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 一口にプログラミングスクールと言っても、学べる内容や目指せ ...

続きを見る

メリット③ 需要が高い

前段でもお伝えしたように、Node.jsを含めてJavaScriptはウェブサービスの開発には欠かせない技術となっています。

また現時点にて代替できるような言語もないことから、数年から10年近くは需要が続くと考えて良いでしょう。

同様にNode.jsも幅広く利用されているので、需要はまだまだ高いといえます。

これから学習する人にとっては、安定した需要があるのは大きなメリットになるでしょう。

Node.jsを学ぶデメリット

Node.jsを学ぶメリットを確認したので、反対にデメリットについても見ておきます。

Node.jsを学ぶデメリット

  • JavaScriptとの互換性はない
  • 対応するサーバーが少ない

この2つのデメリットを確認しましょう。

デメリット① JavaScriptとの互換性はない

Node.jsを学ぶ上でのデメリットですが、JavaScriptとの互換性がないことです。

基本的に同じ言語で動くものなので、JavaScriptの記述そのものはできます。

ですがフロントエンドで使われるものとは互換性がないのです。

ただ記述方法などは同じなので、Node.jsを学ぶことでJavaScriptに知識を活かすことはできます。

デメリット② 対応するサーバーが少ない

Node.jsを学ぶ上でのデメリットの2つ目は、対応するサーバーが少ないことです。

レンタルサーバーやホスティングサービスでは、最初からNode.jsがインストールされているケースが少ないので、自分でインストールする必要があります。

また処理のもたつきなどがあると、サーバーダウンのリスクもあるので、その点は注意しておきましょう。

JavaScriptが学べるプログラミングスクールおすすめ9選【安いオンライン講座あり】
JavaScriptが学べるプログラミングスクールおすすめ9選【安いオンライン講座あり】

JavaScriptを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... JavaScriptを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラ ...

続きを見る

Node.jsが学べるプログラミングスクールの比較表

続いてはNode.jsが学べるプログラミングスクールの比較表をご紹介します。

Node.jsが学べるプログラミングスクール一覧

テックアカデミー侍エンジニアCode VillageWinスクールTech Mentor
スクール名テックアカデミー侍エンジニアCodeVillageWinスクールtech-mentor
総合評価(4.79)(4.83)(4.60)(4.54)(4.73)
Node.jsを学べるコース名Node.jsコースオーダーメイドコースWeb開発に特化した1コースのみNode.js講座Webエンジニア就職コース
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン
教室通学
オンライン
入学金なし99,000円なし19,800円0円
受講料金174,900円~495,000円~495,940円147,400円488,000円
→給付金で実質146,400
累計学習時間(目安)200時間250~300時間400時間25時間程度3・6ヶ月
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
※回数無制限
24時間対応
※回数無制限
平日15:00~20:00
休日10:00~20:00
いつでも質問可能24時間対応
サポート案件獲得保証(報酬あり)
週2回マンツーマンメンタリング
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビュー
回数無制限のチャットサポート
無料の転職サポート(企業紹介等)
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベント開催
ポートフォリオ制作
専用QAサイト使用可能
無料の転職サポートあり
全コース対象の無料体験あり
マンツーマンメンタリング
動画・テキスト教材が見放題
無期限のキャリア・転職支援
受講生同士のコミュニティ
チーム開発の経験を積める
マンツーマン授業
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
資格受験料の割引あり
教室の併用可能
就職・転職サポート制度あり
給付金の対象講座
オーダーメイドカリキュラムを採用
メンタリングで学習進捗管理
転職支援(書類・面接対策/求人紹介)
ポートフォリオ制作支援
教育訓練給付制度の対象講座
公式サイト

Node.jsが学べる各プログラミングスクールの詳細は次の章をご覧ください。

Node.jsが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

お待たせ致しました!

それではここからはNode.jsが学べるプログラミングスクール5選をご紹介していきます。

Node.jsが学べるプログラミングスクール①TechAcademy(テックアカデミー)

Node.jsが学べる1つ目のプログラミングスクールは厚切りジェイソンのCMでおなじみのTechAcademy(テックアカデミー)です。

スクール名TechAcademy(テックアカデミー)
Node.jsを学べるコース名Node.jsコース
受講形態オンライン
入学金0円
受講料金4週間:185,900円
8週間:240,900円
12週間:295,900円
累計学習時間(目安)200時間
Node.js対応コースでの学習内容Node.js/Express/
HTML/CSSなど
※ExpressとはNode.jsのMVCフレームワークで、より効率的にWeb開発を進められる
成果物シンプルな掲示板サイト
文書作成ができる情報共有サービス
LINE風チャットアプリ
自分のアイデアをカタチにしたオリジナルWebサービス
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
※回数無制限
サポート週2回のマンツーマンメンタリングあり
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
公式サイトテックアカデミーの公式サイト

テックアカデミーのNode.jsコースではNode.jsとExpress、HTML/CSSを使ったWebサービス開発を学びます。

Node.jsはJavaScriptの実行環境であるのに対して、ExpressはNode.jsをさらに使いやすくしたフレームワークの1つです。

Node.jsやExpressだけでなく、Webサイトの構造や装飾を行うHTML/CSSを学習することで、見やすくて使いやすいWebサービス開発のスキルを習得できるようになるのです。

またテックアカデミーでは週2回のマンツーマンメンタリングや毎日のチャットサポート、回数無制限の課題レビューにも対応しています。

手厚いサポートで確実に成長したい方におすすめのプログラミングスクールと言えるでしょう!

>> テックアカデミーの公式サイトはこちら

TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ【料金やおすすめコースも解説】
TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ【料金やおすすめコースも解説】

テックアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 TechAcademy(テックアカデミー)の受講に興味があるものの、卒業生の ...

続きを見る

 

Node.jsが学べるプログラミングスクール②侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)

侍エンジニア

画像引用元:侍エンジニア

Node.jsが学べる2つ目のプログラミングスクールは、当サイト管理人も受講経験がある侍エンジニアです。

スクール名侍エンジニア
Node.jsを学べるコース名オーダーメイドコース
受講形態オンライン
入学金99,000円
受講料金12週間:495,000円
24週間:781,000円
36週間:990,000円
48週間:1,188,000円
※学生は5~10%の学割対象
累計学習時間(目安)250~300時間
Node.js対応コースでの学習内容生徒の要望に応じて自由にカスタマイズ可能
成果物自分のアイデアを形にしたオリジナルWebサービスなど
質問サポート対応時間受講生限定のQ&Aサイト(24時間対応)
インストラクターに質問(24時間対応)
※回数無制限
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流イベントに参加可能
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング・面接&履歴書対策)
公式サイト侍エンジニアの公式サイト

侍エンジニアではオーダーメイドコースでNode.jsを学習することができます。

オーダーメイドコースは「オーダーメイドカリキュラムに対応している」「インストラクターにいつでも質問できる」といった強みがあります。

自分の目標やゴールに向けたカリキュラムを組んでくれるので、効率よく学習を進められます。

他にも「専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理」「無料の転職サポート」を利用できるので挫折率は低く、転職成功率は高いです。

詳しい情報は公式サイトから申し込める無料カウンセリングをご利用ください。

>> 侍エンジニアの公式サイトはこちら

侍エンジニアの評判・口コミや各コースの料金【ひどい・炎上って本当?】
侍エンジニアの評判・口コミや各コースの料金【ひどい・炎上って本当?】

侍エンジニアの評判・口コミを知りたい!ひどい・炎上って言われているのは本当かな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 侍エンジニアの受講に興味があるものの、卒業生の評判や口コミや体験談をしっかり確認 ...

続きを見る

 

Node.jsが学べるプログラミングスクール④Code Village

Code Village

画像引用元:Code Village

Node.jsを学べる3つ目のプログラミングスクールは、Web開発を通じて「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すスクール「Code Village」です。

スクール名Code Village
Node.jsを学べるコース名Web開発に特化した1コースのみ
受講形態オンライン
入学金なし
受講料金495,940円
累計学習時間(目安)6ヶ月(400時間)
Node.js対応コースでの学習内容HTML/CSS/JavaScript/
React/Nuxt/Node/
Express/PHP/Laravel/
Ruby/Ruby on Railsなど
質問サポート対応時間平日15:00~20:00
休日10:00~20:00
※回答時間は5分以内
サポートマンツーマンメンタリング
オーダーメイド教材(動画・テキスト教材見放題)
学習進捗管理
質問し放題(5分回答)
キャリア・転職サポート
コミュニティ・チーム開発
保証制度申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能
公式サイトCode Villageの公式サイト

Code Villageはコースが1種類しかありませんが、6ヶ月間かけて様々な技術を用いたWeb開発スキルを習得します。

具体的な学習言語・フレームワークは以下の通り。

Code Villageのカリキュラム

Code Villageのカリキュラム

HTML/CSSやJavaScript、PHPやRubyを始めとした、Web開発の中でも重要性が高い言語を幅広く習得できることが分かります。

他にもReactやNuxt、LaravelやRuby on Railsなどの需要の高いフレームワーク、ライブラリのスキルを学習できるスクールは珍しく、Code Villageの大きな強みと言えるでしょう。

またCode Villageには、プログラミング未経験の人でもしっかり学習を進められるように質問サポートやメンタリングサポートや転職サポートが用意されています。

未経験からエンジニア転職を目指す方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ【注意点や申し込み方法もご紹介】

Code Village(コードビレッジ)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミ、他のスクールとの比較内容を知りたい! Code Villageに入会してみたい!入会時の注意点や申し ...

続きを見る

 

Node.jsが学べるプログラミングスクール④Winスクール

Winスクール

画像引用元:Winスクール

Node.jsを学べる4つ目のプログラミングスクールはWinスクールです。

スクール名Winスクール
Node.jsを学べるコース名Node.js講座
受講形態オンライン or 教室通学
入学金19,800円(税込)
受講料金147,400円+教材費4,400円
累計学習時間(目安)150分×10回(25時間)
※受講期限は3ヶ月
Node.js対応コースでの学習内容Node.js概要、JavaScript基礎、JavaScriptの非同期処理、npm、HTML基礎、Expressフレームワーク、APIサーバー、データベース、掲示板システム開発など
質問サポート対応時間・通学スタイルの場合
平日:9:20~21:00
土:9:20~18:00
日:9:20~15:20
・オンラインの場合
いつでも質問可
サポート一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
企業向け検収対応
就職・転職サポートあり
公式サイトNode.js(サーバーサイドJavaScript)講座|Winスクール

WinスクールのNode.js(サーバーサイドJavaScript)講座では、短時間でNode.jsの基礎だけでなくHTMLやJavaScript、データベースやAPIサーバーを組み合わせた掲示板システムの開発までみっちり学習することができます。

完全個人レッスン基礎から勉強するので初心者でも安心です。

またWinスクールでは複数のコースをセットで学習する「総合コース」にも対応しており、Node.js講座では以下のセットが用意されています。

Node.js講座の総合コース

  • Node.js&Pythonプログラミングコース
    プログラミング未経験者向け。Pythonプログラミングの基礎から、Node.jsまでを学習します。
  • Node.js&クラウドシステム構築コース
    プログラム未経験の方向け、Node.jsの基礎からAmazonやGoogleが提供するクラウドサービスを用いたシステム構築スキルを習得します。
  • Node.js&クラウドシステム構築+Python&IoTシステム開発コース
    プログラム未経験の方向け、Node.jsとPythonを基礎から学び、クラウドシステム構築からIoTシステム開発までを総合的に学習します。

出典:Winスクール

一度の受講でNode.jsと関連性の高い多様なスキルを習得したい、と考えている方にはおすすめです!

Winスクールは他のプログラミングスクールよりも料金が安めではありますが、受講料とは別に入学金と教材費も必要になりますのでご注意ください。

またWinスクールではオンライン受講とオフライン(教室受講)の両方に対応しており、しかも教室の併用が可能なため、自分のスタイルに合わせて受講形態を選ぶことが可能です。

Winスクールの教室一覧(2022年4月現在)

Winスクールの教室一覧(2022年4月現在)

ご覧のようにWinスクールは日本各地に教室が用意されていることが分かります。

詳しくはWinスクールの公式サイトをご覧ください。

>> Winスクールの公式サイトを確認する

Winスクールの評判・口コミ【料金や就職支援の内容もご紹介】
Winスクールの評判・口コミ【料金や就職支援の内容もご紹介】

Winスクールってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 Winスクールの受講に興味があるものの、卒業生の評判や口コミや体験談をしっかり ...

続きを見る

 

Node.jsが学べるプログラミングスクール⑤Tech Mentor(テックメンター)

Tech Mentor(テックメンター)

画像引用元:Tech Mentor

Node.jsが学べる5つ目のプログラミングスクールは、未経験からWebエンジニアを目指せる、Tech Mentor(テックメンター)です。

スクール名Tech Mentor(テックメンター)
Node.jsを学べるコース名Webエンジニア就職コース
受講形態オンライン
入学金0円
受講料金488,000円
→給付金で実質146,400円
累計学習時間(目安)3・6ヶ月
Node.js対応コースでの学習内容HTML/CSS、JavaScript、TypeScript、React、Next.js、Node.js、SQL、GCP、Firebase、AWS、Vercel、Githubなど
成果物フロントスキルやクラウドスキルを活用し、転職活動でアピール可能なアプリを開発
質問サポート対応時間Slackにて24時間いつでも質問し放題
サポートオーダーメイドカリキュラムを採用
メンタリングで学習進捗管理
就職/転職支援(書類添削・面接対策・求人紹介・キャリア面談)
案件獲得保証あり
ポートフォリオ/オリジナルアプリ制作支援
回数無制限・いつでも質問し放題
サブスク学習プランにも対応
教育訓練給付制度の対象講座
公式サイトTech Mentorの公式サイトを確認する

Tech Mentor(テックメンター)は未経験からWeb系スキルを習得できるプログラミングスクールです。

Tech Mentor(テックメンター)では「Webエンジニア就職コース」でNode.jsを学習できます。

HTML/CSSやJavaScriptといった基礎を踏まえたうえで、TypeScript、Node.js、Next.jsなどの人気スキルを用いたWeb開発を習得できるのが特徴。

またTech Mentor(テックメンター)の就職/転職サポートでは下記の支援を受けられます。

Tech Mentor(テックメンター)の就職/転職サポート

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 採用サイトのプロフィール添削
  • 自己分析・企業分析サポート
  • 模擬面接・面接選考準備
  • 優良IT企業の求人紹介
  • キャリア面談の実施

最初から最後まで一貫して手厚い就職サポートを受けられるため、受講生の内定獲得率は96%と高水準

また卒業生の就職先の内訳では、「自社開発&受託開発企業の内定率95.5%」という他のスクールにはない就職実績を誇っています。

Tech Mentor(テックメンター)の就職実績

画像引用元:Tech Mentor

教育訓練給付金にも対応しており、最大70%がキャッシュバックされるため、実質146,400円という破格で受講できるのもポイント。

サポート内容や給付金でわからないことがある場合は、無料説明会で気軽に相談してみましょう。

>> Tech Mentor(テックメンター)の公式サイトを確認する

 

プログラミングスクールで学習するメリット

ではそもそもプログラミングスキルをプログラミングスクールで学習するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

プログラミングスクールで学習するメリットは主に次の3つが挙げられます。

プログラミングスクールで学ぶメリット

  • プログラミング学習で挫折しにくい
    →分からない時は経験豊富なエンジニア講師に気軽に質問・相談できる
  • 勉強のモチベーションをキープしやすい
    メンタリングやカウンセリングでメンタルを維持できる&コミュニティで学習仲間を作れる
  • エンジニア就職・転職が有利になる
    企業紹介・履歴書添削・面接対策・ポートフォリオ作成などのサポートを利用できる

それでは順番に解説していきます。

メリット① プログラミング学習で挫折しにくい

プログラミングスクールでは、経験豊富なエンジニア講師が基本的なプログラミング言語や実践で生かせる情報を教えてくれます

プログラミング学習ではわからない点をなるべく早く解決する必要がありますが、プログラミングスクールで学習する場合はすぐに質問できるため学習がはかどります。

スクールによっては授業を担当する講師とは別にサポート専門のスタッフがいることもあり、就職や転職に対する不安などの相談に乗ってもらうことも可能です。

このようにサポートが手厚いプログラミングスクールでは挫折するケースが少ないのです。

おすすめプログラミングスクールで挫折してしまう理由【挫折率が低いスクールもご紹介】

メリット② 勉強のモチベーションをキープしやすい

プログラミングスクールにはオンライン学習だけでなく、校舎に通って学習するオフライン学習が用意されていることもあります。

オフライン学習では一つの教室に自分と同じような目標を持って学ぶ人が集まります。

挫折しそうになったときも生徒同士で相談や情報共有をおこなうことで不安が軽減することも多いため、モチベーションを保ちやすいです。

また同じ教室で学ぶ人たちと目標などを話していると、自分とは異なる考え方に刺激を受けることも少なくありません。

仲間からもらった良い刺激によって、さらにモチベーションが高まることもあるでしょう。

生徒同士のコミュニティがあるスクールだと、受講生同士で「新しいサービスを立ち上げ起業した」「独立後もお互いに仕事を依頼し合う関係になった」という事例もあります。

メリット③ エンジニア就職・転職が有利になる

プログラミングスクールのカリキュラムを完了すると、第三者にプログラミングに必要なスキルを持っていることを証明できるようになります。

スクールや選ぶコースによってはポートフォリオ・成果物の作成方法を教えてくれることもあるため、今までプログラミングの仕事をしたことがない人もスキルを証明しやすいのです。

そのため就職や転職しやすいというメリットがあります。

また就職・転職のサポートが充実しているスクールでは、生徒に合った優良企業のエンジニア求人を紹介してくれます。

書類選考対策や面接対策も行ってくれるため、就職活動や転職活動がうまくいきやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。

転職保証に対応しているプログラミングスクール6選!30代でも利用できる?
転職保証に対応しているプログラミングスクール6選!30代でも利用できる?

エンジニアとして転職したいけど転職活動が不安... 転職保証に対応しているプログラミングスクールは無いかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 一口にプログラミングスクールと言っても、学べる内容や ...

続きを見る

転職支援・就職支援に強いプログラミングスクールおすすめ10選【2024年最新】
転職支援・就職支援に強いプログラミングスクールおすすめ10選【2024年最新】

転職支援・就職支援に強いプログラミングスクールを知りたい!スクールの選び方や学習方法のコツはあるかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 一口にプログラミングスクールと言っても、学べる内容や目指せ ...

続きを見る

Node.jsが学べるプログラミングスクールのおすすめの選び方

またプログラミングスクールを選ぶ際は以下のポイントに注意しましょう。

Node.jsが学べるプログラミングスクールのおすすめの選び方

  • エンジニア講師の質は高いか
  • サポートが充実しているか
  • 無料体験を実施しているか

それでは順番に解説していきます。

選び方① エンジニア講師の質は高いか

現場ですぐに活躍できるスキルやフリーランスで活躍できるスキルを習得するためには、エンジニアの講師に教えてもらうことが重要になります。

プログラミングスクールの中には、大学生や専門学生、スクールの元卒業生がアルバイトで講師を担当しているケースがありますが、これはオススメできません。

一方で、毎日プログラミングの仕事をしているエンジニア講師なら、現時点で本当に使える実用的・実践的なスキルを教わることができます。

現役エンジニアという職業の話やちょっとした裏話を雑談がてらに質問できるのも大きなメリットと言えます。

そのためスクール選びの際は、現役のエンジニアの講師が授業を担当してくれるのか否かを確認しましょう。

また生徒一人ひとりと真剣に向き合ってくれる講師ならば授業中や自習のときに感じた疑問点や悩み、不安などをすぐに相談できるので安心です。

講師の詳細については評判サイトやSNSで卒業生の口コミなどをチェックすれば、各スクールの講師の人柄や性格をある程度把握できます。時間に余裕のある方は確認しておくことをオススメします。

選び方② サポートが充実しているか

プログラミングスクールには様々なサポート制度があります。

プログラミングスクールのよくあるサポート制度

  • マンツーマンレッスン
  • オンライン質問サポート
  • 全額返金サポート
  • 転職返金サポート
  • 就職・転職サポート(企業紹介・選考対策など)
  • 副業・独立サポート(案件獲得など)
  • メンタリング・カウンセリングサポート
  • ポートフォリオ作成サポート
  • 受講生同士のコミュニティ
  • カリキュラムの無期限閲覧サポート
  • 卒業後の相談サポート

自分がプログラミングを学ぶ目的やプログラミング習得後の将来像を明らかにした上で、そのゴールに辿り着けそうなサポートが用意されているかよく確認しておきましょう。

また、せっかくお金を払ってプログラミングを学ぶなら、少なくとも質の高い授業&カリキュラムは求めておきたいです。

「マンツーマンレッスン」や「質問サポート」は必須条件と考えておくことをオススメします。

選び方③ 無料体験を実施しているか

ネット上の情報だけで自分に最適なプログラミングスクールか否かを判断するのは危険です。

例えば実際に講師と接してみると「このスクールの講師と一緒に授業をすすめていくのは難しそう…」などと感じることも少なくありません。

そのため入塾前に必ず、実際にスクールの人と接したり授業を体験したりする必要があります。

数あるプログラミングスクールの中から無料体験を実施しているスクールを選んで、カリキュラムの内容の説明やカウンセリングを受けてみましょう

今までプログラミングに触れたことがない初心者の方は説明会やカウンセリングだけでなく、無料で授業を体験できたり教材を閲覧できるスクールを選ぶのがおすすめです。

無料体験できるプログラミングスクールおすすめ10選を解説
無料体験できるプログラミングスクールおすすめ10選を解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験できるプログラミングスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクール ...

続きを見る

まとめ:Node.jsが学べるプログラミングスクールおすすめ5選をご紹介

まとめ:Node.jsが学べるプログラミングスクールおすすめ5選をご紹介

  • JavaScriptはプログラミング言語の1種でHTMLやCSSで制作した静的なWebサイトに機能を付けたり、動きを加えたりする際に使われる
  • Node.jsとはサーバーサイドで動作するJavaScript、つまり「JavaScriptの実行環境」の1種
  • Node.jsはJavaScriptと同様に需要が高く、求人数も年収も多い傾向がある
  • プログラミングスクールでNode.jsを学びたい場合は、今回紹介した5つのスクールから選ぶのがおすすめ
  • プログラミングスクールでNode.jsを学びたい場合は「エンジニア講師の質は高いか」「サポートが充実しているか」「無料体験を実施しているか」に着目しよう
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料カウンセリングを利用しよう!

今回はJavaScriptの実行環境の中でも特に人気の高いNode.jsの概要やスクールの選び方、Node.jsを学習できるプログラミングスクール5選についてご紹介しました。

プログラミングスクールを選ぶ際は以下の3ポイントに着目するのがおすすめです。

プログラミングスクールのおすすめの選び方

  • エンジニア講師の質は高いか
  • サポートが充実しているか
  • 無料体験を実施しているか

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

Node.jsが学べるプログラミングスクール5選

悩むより前にまずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

また今回はNode.jsが学べるプログラミングスクールについてご紹介しましたが、他の基準でスクールを選びたい方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
おすすめおすすめのプログラミングスクールランキング22選
初心者初心者におすすめのプログラミングスクール
料金が無料無料のプログラミングスクール
無料体験無料体験があるプログラミングスクール
教育訓練給付金給付金対象のプログラミングスクール / 給付金対象のWebデザインスクール
リスキリング補助金リスキリング補助金が使えるプログラミングスクール
第四次産業革命スキル習得講座第四次産業革命スキル習得講座のおすすめスクール
副業副業におすすめのプログラミングスクール
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール
マンツーマンサポートマンツーマンサポートがあるプログラミングスクール
チーム開発チーム開発が学べるプログラミングスクール
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール
転職支援転職支援があるプログラミングスクール
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール
失業保険失業保険受給者におすすめのプログラミングスクール
第二新卒第二新卒におすすめのプログラミングスクール
既卒既卒におすすめのプログラミングスクール
資格習得資格習得できるおすすめのプログラミングスクール
通学型教室通学できるプログラミングスクール
地方地方から受講できるプログラミングスクール
分割払い分割払いできるプログラミングスクール
20代20代におすすめのプログラミングスクール
30代未経験30代未経験におすすめのプログラミングスクール
40代・50代40代・50代におすすめのプログラミングスクール
社会人社会人におすすめのプログラミングスクール
学割学割があるプログラミングスクール
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール
大学中退大学中退でも就職できるプログラミングスクール
ニート・無職ニート・無職におすすめのプログラミングスクール
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール
女性女性におすすめのプログラミングスクール
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール
短期集中型短期で学べるプログラミングスクール
ポートフォリオポートフォリオを制作できるプログラミングスクール
自社開発企業自社開発企業に就職/転職できるプログラミングスクール
大企業大企業が運営しているプログラミングスクール
挫折率挫折率が低いプログラミングスクール
有料有料プログラミングスクール

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール
コーディングコーディングが学べるプログラミングスクール
RubyRubyが学べるプログラミングスクール
Ruby on RailsRuby on Railsが学べるプログラミングスクール
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール
jQueryjQueryが学べるプログラミングスクール
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js / GASが学べるスクール
フロントエンドエンジニアフロントエンドエンジニアを目指せるスクール
バックエンドエンジニアバックエンドエンジニアを目指せるスクール
WebデザインWebデザインスクール
JavaJavaが学べるプログラミングスクール
PythonPythonが学べるプログラミングスクール
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール
アプリ開発アプリ開発が学べるプログラミングスクール
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール
SQLSQLが学べるプログラミングスクール
AWSAWSが学べるプログラミングスクール
インフラインフラエンジニアを目指せるスクール
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール
機械学習機械学習が学べるプログラミングスクール
UnityUnityが学べるプログラミングスクール
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール

エリア別のおすすめプログラミングスクール

エリア別(都道府県・市区町村)
東京 | 渋谷 | 横浜 | 千葉 | 大阪 | 福岡 | 名古屋 | 札幌 | 仙台 | 広島 | 京都 | 岡山 | 沖縄

教養のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事総合評価 *1
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら(4.89)
DIVE INTO CODE評判・口コミはこちら(4.87)
RUNTEQ評判・口コミはこちら(4.85)
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら(4.83)
TechAcademy評判・口コミはこちら(4.79)
インターネットアカデミー評判・口コミはこちら(4.78)
忍者CODE評判・口コミはこちら(4.67)
デイトラ評判・口コミはこちら(4.64)
RaiseTech評判・口コミはこちら(4.58)
COACHTECH評判・口コミはこちら(4.56)
Winスクール評判・口コミはこちら(4.54)
Aidemy評判・口コミはこちら(4.51)
KENスクール評判・口コミはこちら(4.47)
SHElikes評判・口コミはこちら(4.43)
ヒューマンアカデミー評判・口コミはこちら(4.42)
.Pro(ドットプロ)評判・口コミはこちら(4.36)
レバテックカレッジ評判・口コミはこちら(4.23)

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事総合評価 *1
DMM WEBCAMP評判・口コミはこちら(4.95)
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら(4.89)
RUNTEQ評判・口コミはこちら(4.85)
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら(4.83)
TECH CAMP(テックキャンプ)評判・口コミはこちら(4.82)
TechAcademy評判・口コミはこちら(4.79)
インターネットアカデミー評判・口コミはこちら(4.78)
テックアイエス(TECH I.S.)評判・口コミはこちら(4.73)
プログラマカレッジ評判・口コミはこちら(4.69)
LINEヤフーテックアカデミー評判・口コミはこちら(4.67)
Code Village評判・口コミはこちら(4.60)
GEEK JOB評判・口コミはこちら(4.56)
キカガク評判・口コミはこちら(4.21)
【*1 プログラミングスクールの総合評価の詳細】
各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。※最終更新日:2023/09/05
本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
【受講経験者の掲載口コミについて】
当サイトに掲載されているプログラミングスクール及びWebデザインスクールの口コミはSNSやクラウドソーシングサービスにて収集をおこなったものです。情報の信頼性・信憑性を担保するため、受講証明書、入会通知書等の画像・PDFファイルによって在籍/通塾を証明できた体験談には「通塾証明済み」を記載しております。 中立性・公平性を担保するため、デメリットを含む内容の口コミも掲載しております。口コミ内に掲載されている年齢・在住都道府県は受講開始時点のものです。口コミ投稿者名はニックネームや仮名を含みます。
  • この記事の著者/監修者
CloudInt編集部

CloudInt編集部

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOコンサルティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクール等での私の体験・経験に基づき記事を執筆・編集・監修。

-プログラミングスクール

Copyright © CloudInt All Rights Reserved.