プログラミングスクール

ヒューマンアカデミーは就職できない?【後悔しないための対処法も解説】

更新日 :

ヒューマンアカデミーは就職できない?【後悔しないための対処法も解説】
ヒューマンアカデミーは就職できないって本当?後悔しないための対処法を知りたい!

今回はこういった疑問を解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のヒューマンアカデミーで就職できないケースの理由、後悔しないための対処法などをご紹介していきます。

この記事でわかること

  • ヒューマンアカデミーは就職できないって本当?
  • ヒューマンアカデミーの就職実績
  • ヒューマンアカデミーは就職できないと言われる理由
  • ヒューマンアカデミーから就職できない人の特徴
  • ヒューマンアカデミーの就職サポートのメリット
  • ヒューマンアカデミーでの就職活動で後悔しないための方法

当サイトではプログラミング学習やエンジニア就職/転職に関する記事を投稿しています。他の記事も合わせてご覧ください。

ヒューマンアカデミーの評判・口コミや他スクールとの比較について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ヒューマンアカデミーの評判・口コミまとめ【メリットやデメリットもご紹介】
ヒューマンアカデミーの評判・口コミまとめ【メリットやデメリットもご紹介】

ヒューマンアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職 ...

続きを見る

ヒューマンアカデミーは就職できないって本当?

「ヒューマンアカデミーでプログラミングを学んでも就職できない」と言われたことがある方もいるかもしれません。

実際にヒューマンアカデミーで就職できない人がいるのか、X(旧Twitter)の検索で確認してみました。

「ヒューマンアカデミー 就職できない」と検索してみると、就職できずに後悔している方は特に見つかりませんでした

SNSを見る限りでは、ヒューマンアカデミーが就職できないという事実は、本当ではなさそうです。

ただ、本人の意識が低くて努力が不足すれば、就職できないことはあるでしょう。

就職活動のやり方が間違ってしまった場合も同様です。

ヒューマンアカデミーを利用して就職を成功させるには、就職意欲と正しい知識が求められるのは間違いないでしょう。

ヒューマンアカデミーの就職実績

ヒューマンアカデミーだと就職できないのか詳しく知るために、IT講座における就職実績を確認してみましょう。

ここでは、ヒューマンアカデミーの就職実績として、就職率と就職先の例などについてご紹介します。

ヒューマンアカデミーの就職率

ヒューマンアカデミーでは、未経験からエンジニア就職を目指せるプログラミング講座を用意しています。

2017年度にヒューマンアカデミーが支援した受講生・修了生のうち内定を獲得した割合(就職内定率)は90.7%でした。

就職実績がよいのは間違いなさそうですが、約10人に1人が内定を獲得できていないこともわかります。

実際に就職サポートについて説明するサイトでは、「就職を100%保証するものではない」という注記も見受けられました。

つまり、ヒューマンアカデミーを利用すれば必ず就職できるとは限らないようです。

ヒューマンアカデミーの就職先の例

ヒューマンアカデミーでは、修了生数96,076名以上の実績(1997年10月~2019年3月のWeb関連講座の延べ数)があり、たくさんの修了生がいろいろな会社に就職しています。

具体的な就職先の例は下記の通りです。

ヒューマンアカデミーの就職先の例

  • 株式会社オプト
  • ネットイヤー株式会社
  • アドバタイジングドットコム・
  • ジャパン株式会社
  • リンクシェア・ジャパン株式会社
  • 株式会社アイレップ
  • 株式会社アイスタイル
  • ジー・プラン株式会社
  • トランスコスモス株式会社
  • コマースリンク株式会社
  • ポリゴンマジック株式会社
  • 株式会社プレミアムエージェンシー
  • アイレムソフトウェア
  • エンジニアリング株式会社

さまざまな会社名が公開されており、実績を見る限りでは、決して就職できないわけではないとわかります。

ヒューマンアカデミーは就職できないと言われる理由

ヒューマンアカデミーの就職実績について解説しました。

実績からは就職できないわけではないとわかりますが、それでも就職できないという噂を耳にすると不安になってしまうでしょう。

後悔しないためには、就職できないと言われる理由を把握したうえで、授業を受けることが重要です。

引き続き、ヒューマンアカデミーは就職できないと言われる理由について解説します。

ヒューマンアカデミーは就職できないと言われる理由

  • 人気企業や有名企業の求人が少ない
  • 就職できない場合の全額返金保証がない
  • 主体的に動かないと就職サポートを活用できない

それでは順番に解説していきます。

理由1. 人気企業や有名企業の就職実績が少ない

ヒューマンアカデミーの就職実績では、株式会社コナミデジタルエンタテインメントや、ソフトバンククリエイティブ株式会社など、人気企業や有名企業も掲載されていました。

誰しも一度は耳にしたことがあるグループの企業であり、ヒューマンアカデミーで学習すれば知名度の高い会社で働けるチャンスもありそうです。

ただ、公式ホームページを見る限り、人気企業や有名企業の就職実績は決して多いとはいえません。

人気企業や有名企業で働ける人が少ない恐れがあり、結果として納得できる会社に就職できないと言われてしまうのかもしれません。

理由2. 就職できない場合の全額返金保証がない

ヒューマンアカデミーのプログラミング講座では、プログラマーやエンジニアを目指せます。

就職をするために求人紹介や履歴書添削、面接対策などをサポート(詳細は後述)してもらえるほか、就職プログラム提携企業の数が全国115社以上となっています。

就職に強そうなイメージが湧くかもしれませんが、就職できない場合の全額返金保証については、公式ホームページで確認できませんでした。

本当に存在しなければ「全額返金保証がないのは就職できない可能性が高いからだ」と思われても仕方ないでしょう。

ヒューマンアカデミーで就職を目的にプログラミング講座を受講するのであれば、受講前に就職できないケースの対応について、念のため確認しておくのが無難です。

理由3. 主体的に動かないと就職サポートを活用できない

ヒューマンアカデミーでは、受講生・修了生であればすべての方が、カウンセリングを無料で利用できるとしています。

実際に利用した方によると、毎週のように話をして転職に関するアドバイスをもらえたとのことです。

また、就職情報を紹介するセミナーに参加したり、グループ内人材派遣会社に登録したりすることもできます。

ただ、公式ホームページでは、あくまで「できる」との表現が使われており、任意でサポートを受けられる環境になっている印象です。

そのため、主体的に動かないと就職サポートを活用できない可能性も想定されます。

ヒューマンアカデミーでプログラマーやエンジニアを目指すのであれば、能動的にサポートを活用していく姿勢が求められるでしょう。

就職サポートを活用しきれるか不安という方は、無料相談で詳細を確認してみてください。

ヒューマンアカデミーから就職できない人の特徴

ヒューマンアカデミーは就職できないと言われる理由について解説しました。

ヒューマンアカデミーは、人によっては就職できない恐れがある点について、ご理解いただけたのではないでしょうか。

せっかく就職を目指してヒューマンアカデミーを利用したのに、ミスマッチングで途中で辞めたいと思ってしまうのは避けたいところです。

ヒューマンアカデミーから就職できない人の特徴をまとめてみたので、受講を検討している方は判断材料にしてみてください。

ヒューマンアカデミーから就職できない人の特徴

  • 学習に対して受け身の姿勢
  • 勉強の目的が不明確
  • プログラミングの難易度を誤解している

それでは順番に解説していきます。

1. 学習に対して受け身の姿勢

ヒューマンアカデミーでは、未経験からの就職・転職に対して「自分の努力次第」で十分可能だという見解を示しています。

未経験から確実にスキルを習得できるカリキュラム内容となっているようですが、あくまで努力が前提となっていることから、ただプログラミング講座を受講すれば就職できるとは限らないことも伺えます。

学習に対して受け身の姿勢を持ってしまう方であれば、ヒューマンアカデミーの講座を受講しても就職できないかもしれません。

ヒューマンアカデミーでは、専用の学習システムで24時間いつでも質問できる体制となっています。

就職を成功させたいのであれば、学習中にわからないことがあったときは率先して質問するなど、能動的に学ぶ姿勢が求められるでしょう。

2. 勉強の目的が不明確

教育総合校と呼ばれるヒューマンアカデミーは専門学校ではないので、幅広い分野で多彩な講座を展開しています。(総合学園ヒューマンアカデミーという学校も存在しています)

800以上の講座・カレッジが用意されており、一人ひとりの希望に合う講座を選べる体制です。

ITに関する講座もさまざまあり、プログラミングだけではなく、ExcelやDX、G検定などに関する講座も提供されています。

勉強の目的が不明確な方だと、プログラミング講座を受けたあとに、別の講座のほうが自分の就職に役立ったかもしれないと、後悔するリスクもあるでしょう。

キャリアの方向性に自信を持てなければ、プログラミングの学習後に就職できないこともおかしくはありません。

ヒューマンアカデミーの講座を受講するときは、勉強の目的をあらためて明確にしておきましょう

3. プログラミングの難易度を誤解している

ITに詳しくない方だと、プログラミングはとても高度なスキルのように思ってしまいがちです。

しかし、プログラミングは書籍などの教材を自分で用意すれば、独学で学べるスキルでもあります。

決して習得の難易度が高いわけではなく、独学で習得したスキルで就職する方も少なくありません。

つまり、プログラミングスキルを習得したからといって、よい会社に就職できるとは限らないということです。

プログラミングの難易度を誤解している方は、ヒューマンアカデミーを利用しても望んだ通りに就職できない恐れがあるかもしれません。

ヒューマンアカデミーの就職サポートのメリット

ヒューマンアカデミーで就職できない人の特徴として、受け身の姿勢を持っていることを挙げました。

「就職できない…」「ヒューマンアカデミーはひどい…」と嘆く事態にならないよう、率先して就職サポートを利用する姿勢が大切です。

ただ、肝心の就職サポートの内容が充実していなければ、意欲があっても成果につながりにくいでしょう。

ここでは、ヒューマンアカデミーを利用する前に知っておきたい就職サポートのメリットをご紹介します。

ヒューマンアカデミーの就職サポートのメリット

  • 選考対策(書類添削や面接練習)をサポート
  • 資格取得対策の講座もある
  • 求人紹介にも対応
  • 教育訓練給付金を受給できる
  • 教室・校舎で直接サポートしてもらえる

それでは順番に解説していきます。

1. 選考対策(書類添削や面接練習)をサポート

ヒューマンアカデミーでは、専任スタッフが学習記録に基づき将来のなりたい自分像をヒアリングして、希望の就職を実現するために選考対策をしてくれます。

たとえば、応募書類の書き方をアドバイスしてくれたり、添削をしてくれたり、提出前の事前チェックをしてもらったりすることが可能です。

書類の書き方に不安がある方でも自信を持って企業にアプローチできるでしょう。

面接対策のアドバイスをもらったり、面接ロールプレイングに参加したりすることも可能です。

転職回数が多かったり、職歴にブランク期間があったりする方も、解決の糸口が見つかるに違いありません。

2. 資格取得対策の講座もある

ヒューマンアカデミーでは、資格取得の対策講座も利用可能です。

たとえば、ITパスポート試験対策講座のeラーニングコースを用意しています。

試験に必要な知識を効率的に学習できるようになっており、最短2週間で合格を目指すことも可能です。

1回20分の動画で隙間時間にスマホやタブレットなどで学べるので、校舎・教室に通学する必要はありません。

価格はキャンペーンで9,000円(2023年11月時点)となっており、コストも比較的少なく受講を検討しやすいです。

IT企業での就職率を高めるサポート講座として、利用を検討しない手はないでしょう。

3. 求人紹介にも対応

ヒューマンアカデミーでは、グループに人材紹介・派遣業を展開するヒューマンリソシアがあり、たくさんの業界求人が集まっています。

会員登録しておけば、プログラミングスキルを活かせる求人を紹介してもらえる可能性もあるでしょう。

各校舎で受講生情報を求人企業に共有し、求人企業が各校舎に求人募集する体制も築かれています。

1人で就職活動をするときとは異なり、多方面からの求人アプローチが実現するので、就職の成功率を高められるに違いありません。

4. 教育訓練給付金を受給できる

ヒューマンアカデミーでは、教育訓練給付金の受給に対応しています。

具体的には、受講費用の20%を上限10万円として支給してもらうことが可能です。

対象者は下記の通りです。

初めての利用者雇用保険に1年以上加入している
以前の利用者前回の受講開始日以降雇用保険に3年以上加入している、かつ前回の受給から今回の受講開始前まで3年以上経過している

プログラマー総合コースであれば、受講費用756,278円(税込)が、実質656,278円(税込)になります。

金銭面の負担を減らせば、就職活動にも専念しやすくなるでしょう。

5. 教室・校舎で直接サポートしてもらえる

ヒューマンアカデミーでは、オンライン上だけでなく、教室・校舎で直接キャリアの相談ができる環境を整えています。

全国に23校舎を展開しており、いずれの校舎も駅の近くにあります。

平日20時以降にも通えるので、仕事帰りや学校帰りに立ち寄ることも可能です。

オンラインだと、通信を切ってしまったあとに、疑問を解消しきれていないことに気づくことがあります。

何度も通信するのがわずらわしい方にとって直接相談できるのは気軽です。

対面でじっくりとキャリアの悩みを解消しておけば、自信を持って就職活動に打ち込めるでしょう。

なお、ヒューマンアカデミーでは体験セミナーで校舎の雰囲気を把握できます

キャリア相談がしやすい環境かどうか詳しく知りたい方は、体験セミナーに参加してみるとよいかもしれません。

ヒューマンアカデミーでの就職活動で後悔しないための方法

ヒューマンアカデミーでの就職サポートのメリットについてお伝えしました。

ヒューマンアカデミーにはさまざまな就職サポートがあり、自分の意識次第で就職できない事態を回避できるように感じたのではないでしょうか。

とはいえ、ヒューマンアカデミーでの就職活動に不安を感じる方もいるかもしれません。

ここでは、ヒューマンアカデミーでの就職活動で後悔しないための方法も解説します。

ヒューマンアカデミーでの就職活動で後悔しないための方法

  • 就職支援をフル活用する
  • ポートフォリオを作り込む
  • 就職・転職エージェントを併用する

それでは順番に解説していきます。

1. 就職支援をフル活用する

就職支援が充実していても、サポートをフル活用できなければ、就職活動がうまくいかず後悔するリスクが高まります。

たとえば、業界カウンセリングを行ってもらったとしても、本気になって質問をしなければ、自分が本当に進むべき道を明確にできないでしょう。

ただ、就職支援の評判が悪いと、フル活用しようという気にならないかもしれません。

ヒューマンアカデミーの就職支援について信頼性が気になる方は、公式ホームページのインタビュー内容を確認してみるのもおすすめです。

「挨拶の仕方まで丁寧に指導してくれた」「履歴書を細かく見てもらえた」など、サポートを受けた方が満足した点を確認できます。

就職時に苦労したエピソードなども確認できるので、自分が利用すべき就職支援も浮かびやすくなるのではないでしょうか。

2. ポートフォリオを作り込む

就職活動に失敗して後悔したくないのであれば、ポートフォリオを作り込むことがとても重要です。

ポートフォリオとは、自分で制作したサイトやツールをまとめた作品集をさし、プログラミングスキルを証明するのに不可欠な存在として知られています。

就職支援をフル活用することが大切だとお伝えしましたが、ポートフォリオの質が低ければサポートが無意味になる恐れがあります。

たとえば、魅力的な求人を紹介してもらえたとしても、ポートフォリオからプログラミングスキルの低さが露呈すれば、企業の採用担当者から興味を持ってもらえないでしょう。

ヒューマンアカデミーで就職できない事態を避けるためにも、ポートフォリオの完成度を高めたうえで就職活動を進めましょう

3. 就職・転職エージェントを併用する

プログラミングスクールによっては、就職サポートが手厚くても、入社できる企業や雇用形態が指定されているケースも珍しくありません。

その点、ヒューマンアカデミーは企業への内定を保証していないからか、自主的で自由度の高い就職・転職活動ができる印象です。

他社の就職・転職エージェントの利用ができないという情報も見受けられませんでした。

就職・転職エージェントは、いずれもヒューマンアカデミーのように、カウンセリングや書類添削、求人の紹介などをサポートしてくれますが、運営会社ごとに強みが異なります。

すでにITに特化したエージェントも登場しているので、IT就職・転職の幅を広げるためにも併用しない手はないでしょう

ただ、ヒューマンアカデミーで他社の就職・転職エージェントを利用してもよいのか不安がある方もいるかもしれません。

念のため、講座を受講する前に運営スタッフに確認しておくのが無難でしょう。

おすすめIT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選を解説

まとめ:ヒューマンアカデミーは就職できない?【後悔しないための対処法も解説】

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のヒューマンアカデミーで就職できないケースの理由、後悔しないための対処法などをご紹介しました。

改めてヒューマンアカデミーは就職できないと言われる理由を確認しておきましょう。

ヒューマンアカデミーは就職できないと言われる理由

  • 人気企業や有名企業の求人が少ない
  • 就職できない場合の全額返金保証がない
  • 主体的に動かないと就職サポートを活用できない

ヒューマンアカデミーから就職できない人の特徴は以下の通り。

ヒューマンアカデミーから就職できない人の特徴

  • 学習に対して受け身の姿勢
  • 勉強の目的が不明確
  • プログラミングの難易度を誤解している

ヒューマンアカデミーでの就職活動で後悔しないための方法は下記を抑えておきましょう。

ヒューマンアカデミーでの就職活動で後悔しないための方法

  • 就職支援をフル活用する
  • ポートフォリオを作り込む
  • 就職・転職エージェントを併用する

ヒューマンアカデミーの関連記事もあわせてご覧ください。

ヒューマンアカデミーの評判・口コミまとめ【メリットやデメリットもご紹介】
ヒューマンアカデミーの評判・口コミまとめ【メリットやデメリットもご紹介】

ヒューマンアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職 ...

続きを見る

ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座の評判・口コミ【料金や就職サポートも解説】

ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座ってどんな講座なんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近Webデザインの需要は急激に高まってきており、フリーラン ...

続きを見る

プログラミングスクールの卒業生は就職できない?【就職支援の闇とは】
プログラミングスクールの卒業生は就職できない?【就職支援の闇とは】

プログラミングスクールの卒業生は就職できないって本当?プログラミングスクールに通っても就職できない人の特徴や就職成功の方法を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
CloudInt編集部

CloudInt編集部

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクールでの体験・経験に基づき記事を監修。

-プログラミングスクール

Copyright © CloudInt All Rights Reserved.