TECH CAMP

テックキャンプは30代でも転職できる?【受講生の体験談もご紹介】

更新日 :

テックキャンプは30代でも転職できる?【受講生の体験談もご紹介】
テックキャンプは30代でも転職できる?30代の受講生の体験談を知りたい!

今回はこういった疑問を解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のテックキャンプは30代でも転職できる理由、卒業生の体験談や就職成功の方法についてご紹介していきます。

当サイトではプログラミング学習やエンジニア就職/転職に関する記事を投稿しています。他の記事も合わせてご覧ください。

テックキャンプの評判・口コミや他スクールとの比較について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

TECH CAMP(テックキャンプ)の評判・口コミ【ひどい・炎上と言われる理由】
TECH CAMP(テックキャンプ)の評判・口コミ【ひどい・炎上と言われる理由】

TECH CAMP(テックキャンプ)の評判に興味があるけれど、サジェストキーワードにひどい・炎上と出てくるのが気になる… 今回は、こんな悩みを解決していきます。 プログラミングスクール受講後の後悔を防 ...

続きを見る

テックキャンプは30代でも転職できる?

テックキャンプでは30代の人でも転職可能です。

厚生労働省の「令和4年雇用動向調査」では、20代後半から30代前半をピークに転職入職者数は下がっていきます。

しかし、転職のハードルが上がる30代以降でも、テックキャンプでは多数の転職実績があるため、安心して受講可能です。

また、テックキャンプで転職までにかかる期間は平均2~3ヶ月程度であるため、比較的早く転職が実現できます。

短い期間であれば現職を続けながらでも無理なく活動できますし、先に会社を辞めてから転職活動をしても何とかなりそうですよね。

テックキャンプのカリキュラムは、厚生労働省が実施する教育訓練給付金の対象にもなっているため、条件を満たせば受講料の最大70%(年間上限56万円)が支給されます。(参考:テックキャンプの給付金の詳細)

テックキャンプの教育訓練給付金

画像引用元:テックキャンプ

お得にプログラミングを学んで転職活動もできるテックキャンプの魅力を、ここから解説しますので参考にしてください。

テックキャンプは30代でも転職できる理由

ここからはテックキャンプでは、30代の人も転職できる理由を紹介します。

30代の人が転職できる理由まで知っておくことで、安心して受講できるようになります。

30代の人でも転職できる理由は次の5つです。

テックキャンプは30代でも転職できる理由

  • プロ講師に回数無制限で質問できる
  • ポートフォリオ制作を経験できる
  • 書類添削や面接対策サポートがある
  • 優良求人を紹介してくれる
  • 30代なら転職保証の対象になる

それぞれ順番に見ていきましょう。

理由1. プロ講師に回数無制限で質問できる

テックキャンプでは、プロの講師に回数無制限でいつでも質問できるため、挫折せずにスキルを身につけられることが、高い就職実績につながっています。

学習を進める中で疑問に感じる点があれば、チャットやビデオ通話でいつでも講師に質問可能です。

テックキャンプのプログラミング講師

画像引用元:テックキャンプ

プログラミングに関する内容だけでなく、ビデオ通話を利用して専属のトレーナーに進捗管理やコーチングも行ってもらえるため、自分一人で学習を続けることが辛いと感じた時でも支えてもらえます。

疑問点だけでなく学習に関する不安も相談できるのは、大きな安心材料になるはずです。

メンターに相談しながら学習を進められることが、テックキャンプで30代の人が転職できる理由です。

理由2. ポートフォリオ制作を経験できる

テックキャンプでは、ポートフォリオ制作が経験可能です。

テックキャンプのカリキュラムでは、最終課題でアプリケーション作成の課題が与えられます。

自分で構築したサーバー上にアプリケーションをリリースするところまで講師の支援を受けながら制作します。

完成したポートフォリオは、そのまま転職活動を行う際のアピールポイントとして使用可能です。

ポートフォリオを持っていると、採用担当者はあなたが持っているスキルを知れるため、採用後のミスマッチ防止や、得意な分野・技術のアピールになります

特に30代の人には、一定の実務経験やスキルを求められるため、ポートフォリオを持っておくと、IT業界での勤務経験がなくても、スキルで採用される確率が高められます

実際に現場で働く際に、開発におけるどの部分を担っても対応できるように、アプリケーション開発の全行程が学べて、転職活動時のアピールにもなるため、ポートフォリオ制作ができるテックキャンプがおすすめです。

理由3. 書類添削や面接対策サポートがある

テックキャンプでは書類添削や面接対策サポートが充実しており、30代の人の転職活動に大いに役立ちます。

キャリアアドバイザーがカリキュラム受講中からあなたの目指すキャリアパスの設計や、履歴書・職務経歴書の作成・添削、面接対策などのサポートを行ってくれます。

テックキャンプのキャリアアドバイザー

画像引用元:テックキャンプ

IT業界未経験の人や、転職自体が初めての人にとって、キャリアアドバイザーは心強い存在になるはずです。

特にITエンジニアは、経験とスキルを伸ばして転職をすることで、キャリアアップにつなげていくのが慣例となっています。

業界内でどのようなキャリアプランを立てればよいかわからない人にも寄り添いながら、一緒にプランニングを行ってもらえます。

この手厚いサポート体制も30代の人にテックキャンプをおすすめする理由の一つです。

理由4. 優良求人を紹介してくれる

テックキャンプが受講生の人に紹介する求人は、優良求人であることが多いです。

転職できなければ返金保証を掲げているプログラミングスクールでは、ブラック企業であってもとりあえず転職先を確保してしまうものもあります。

しかし、テックキャンプでは卒業生を対象としたアンケートで、「ITエンジニアになってよかった」という声が98%、「受講費用に対してリターンを得られた」という声が92%と、いずれも9割以上の満足度を占めています

また、転職成功率は98%となっており、卒業生の就職先のうち、人気の高い自社開発・受託開発への入社率は43.6%です。

半数近い人が求人倍率の高い職種を勝ち取っています。

就職先企業も上場企業から急成長中のベンチャー企業まで、受講生の希望に応じたキャリアパスが描けます。

このことから、テックキャンプでは優良求人を多数紹介してくれるため、30代の人の転職におすすめです。

おすすめテックキャンプの就職先・年収は?【自社開発やSESの割合もご紹介】

理由5. 30代なら転職保証の対象になる

テックキャンプでは、転職できなければ受講料の全額返金保証が付いていますが、30代の人も対象に含まれています。

これはテックキャンプの受講生がカリキュラムに従って、転職活動を適切に行ったけれど内定が取れなかった場合に支払い済みの受講料金を全額返金するサービスです。

テックキャンプの返金保証制度

画像引用元:テックキャンプ

返金に関する条件はテックキャンプの「個別規約」と「返金保証に関する個別規定」に詳細に記載されています。

テックキャンプの転職返金保証を利用できるのは39歳までとなっているため、30代の方であれば問題ございません。

他にもカリキュラムに正しく取り組んでいなかったり、企業からの選考を無断キャンセルしたりといった場合には、返金保証の対象外となるため、注意が必要です。

おすすめテックキャンプの返金保証って難しい?【2種類の返金保証を詳しく解説】

テックキャンプから30代で転職した卒業生の体験談

ここからはテックキャンプから30代で転職に成功した卒業生の人の体験談を5つ紹介します。

実際にテックキャンプを利用した卒業生が、どのような企業に転職したのか、そこでのキャリアなども踏まえて解説するため、制度やメリットを紹介するよりも受講後のイメージが浮かびやすいのではないでしょうか。

それでは体験談を一つずつ見ていきましょう。

体験談1. 事務員から3ヶ月でITエンジニアへ転職(30代女性)

最初に紹介するのは、10年近く仕事よりも家庭を優先しブランクのあった田中さん(仮名)が、改めて自分のやりたい仕事と向き合い、3ヶ月でITエンジニアへ転職した事例です。

田中さんは、テックキャンプを受講してからわからないことがあればすぐにプロの講師に質問をし疑問を解消しながら学習を進めていました。

また、受講期間中はプログラミングにどんどん没入していき、気が付くとペットボトルの水がほとんど減っていなかったことも。

キャリアアドバイザーは親身に面接練習に臨んでくれ、話す内容に一貫性がないという課題を共に克服したそうです。

3ヶ月間みっちり学習と転職活動を行った結果、田中さんはロボットやAIによる業務自動化に取り組む企業でエンジニアとして内定を獲得しました。

体験談2. プログラミング未経験から大手企業のエンジニアへ(30代男性)

斎藤さん(仮名)は、30代で転職を決意し、会社を辞めてプログラミング未経験からテックキャンプを受講し、3ヶ月で大手企業の系列会社へITエンジニアとして転職しました。

斎藤さんはもともとIT業界に身を置いていましたが、プログラミングなどソフトウェア関連業態の方に将来性を感じ、一念発起して転職を決意。

テックキャンプでは、一緒に勉強している仲間と難しい課題に取り組み、励ましあいながら乗り越えていました

また、メンターの存在も大きかったようで、斎藤さんが悩んでいるときに直接答えを示さず、自分で考えて答えにたどり着けるようにヒントを提示していたそうです。

斎藤さん自身も30代の転職は遅いのでは、と感じていたようですが10週間で600時間の超短期集中学習を乗り越えて、今までやってきた経験と学んだ内容の掛け合わせでかけがえのない存在になれた、と自信が持てたとのこと。

結果として、大手企業の系列会社でITエンジニアとして現在はバリバリ働かれています

体験談3. 不動産管理業からITエンジニアへ最後の挑戦(30代男性)

石丸さん(仮名)は、39歳の時に30代最後の挑戦として、不動産管理業からITエンジニアへの転職に取り組みました。

様々なプログラミングスクールを探しましたが、多くのスクールで転職保証が「30歳以下」と年齢制限がついていたため、半ば諦めかけていたところテックキャンプに出会ったそうです。

メンターに質問できる時間は、なるべく通学してみっちり学習し、カリキュラムをなるべく早く終わらせて復習中心に時間を使っていました。

メンターには親身に相談に乗ってもらい、エラーが解決できた時には自分のことのように喜んでくれたことが心に残っているそうです。

転職活動中は、書類審査が通ってから企業研究を一気に進めるスタイルで効率化を図りながら、熱量を保って面接に臨んでいました。

強い意志と努力で臨んだ転職活動は、斎藤さんに大きな成功をもたらしました。

体験談4. 数学講師から休日学習を続けエンジニアに転職(30代男性)

Fさん(仮名)は、数学講師として仕事を続けながら、テックキャンプの夜間休日コースを受講しました。

仕事の合間を縫って学習を続け、約1年後にITエンジニアとしての転職に成功しました。

平日の仕事終わりにもプログラミングと向き合う時間をゼロにしないようにするため、ちょっとでもいいから学習時間を確保するようにしていたそうです。

カリキュラムはFさんと相性が良かったため、つまづくことも少なかったようですが、オリジナルアプリケーション開発に苦労したようです。

決められたプロセス通りに作業を進めるのではなく、自分自身で考えてプログラムを組む必要があったため、なかなか作業が進みませんでした

そんな時は同期とのメッセージのやり取りでモチベーションを保って学習を進めていました。

休日や仕事終わりの時間を有効に使って、Fさんは見事ITエンジニアの内定を獲得しました。

体験談5. 15年勤めた飲食業界からITエンジニアへ転職(30代男性)

最後に紹介するのは、高校卒業後15年間飲食業界に身を置いてきたYさん(仮名)の体験談です。

Yさんは、結婚を機にパートナーと生活リズムを合わせたいと考え、勤務時間が不規則な飲食業界から、時間や場所の柔軟性があるエンジニアへの転職を考えるようになりました。

テックキャンプを選んだ理由はサービスのわかりやすさと、説明を受けた時のわくわく感だったそうです。

受講後は、毎日自分で決めたルールに沿ってコンスタントに学習を進めていましたが、一緒に切磋琢磨できる同期や導いてくれるライフコーチの存在はとても大きかったとのこと。

特にライフコーチからは最初の面談で「勉強している途中で、急成長を実感できる時がくる」と言われ、とにかく頑張ってみたところ、本当に突然理解度が上がる瞬間がやってきて感動したそうです。

ライフコーチや同期と共に学びながらYさんは、Webサイトの企画や改修を行うSES企業へ、ITエンジニアとして転職することに成功しました。

テックキャンプから30代で転職した卒業生の主な就職先

テックキャンプから転職した卒業生の主な就職先を紹介します。

テックキャンプの就職実績は非常に高く、受講生の98%が転職に成功しています。

そのため、これまでテックキャンプで転職に成功した人の数は、4,600名以上です。

このうち94.5%が正社員として雇用されており、5.5%の人も契約社員として柔軟な働き方を実現しています。

テックキャンプの転職決定実績

画像引用元:テックキャンプ

さらに、ITエンジニアとして転職した人の業態割合は、自社開発が18.2%、受託開発が25.4%、SESが56.4%となっており、人気の高い自社開発(Web系)と受託開発(SIer)が半数近くを占めています。

就職先企業も、家計簿アプリで有名な株式会社マネーフォワードや、テレビCMも放映されている不動産紹介サービスを運営する株式会社LIFULL、チームラボ株式会社など有名どころが多数です。

テックキャンプから優良企業への転職も夢ではないので、転職の夢を叶えてみませんか。

おすすめテックキャンプの就職先・年収は?【自社開発やSESの割合もご紹介】

テックキャンプで30代から転職したい方への注意点

次にテックキャンプで30代から転職をしたい方への注意点を紹介します。

30代から転職をしたい人にテックキャンプはおすすめですが、気をつけなければならない点も存在します。

テックキャンプで30代から転職したい方への注意点

  • 紹介求人は都心部の企業がほとんど
  • 紹介求人に年齢制限が設けられていることがある

それぞれ順番に見ていきましょう。

注意点1. 紹介求人は都心部の企業がほとんど

テックキャンプから紹介される求人は都心部の案件であることが多いです。

テックキャンプのよくある質問ページでは、転職支援自体は日本国内のどの地域でも受けられると記載されており、東京以外の地域でもエンジニアへの転職に成功した事例は一定数あります。

しかし、案件数は地方より都心部のほうが圧倒的に多いです。

東京以外の地域でITエンジニアを目指したい人には、受講前に無料カウンセリングでの相談を推奨していますので、そちらも利用してみてください。

また、転職返金保証サービスについては、東京都・愛知県・大阪府・福岡県のみが対象地域となっていると記載されていますので、転職返金保証を利用したい人は注意が必要です。

注意点2. 紹介求人に年齢制限が設けられていることがある

次に気をつけてもらいたいのが、テックキャンプで紹介される求人に年齢制限が設けられている場合があることです。

特に求人案件の少ない地域に絞るなど条件を加えてしまうと、20代に限った求人案件に出会ってしまうこともあるようです。

これは30代以上の受講者全員が出くわす事態ではありませんが、そのような求人案件に出会っても気にせず、他の案件を探すようにしましょう。

テックキャンプから30代で転職成功する方法

最後にテックキャンプを利用して、30代の人が転職を成功させるための方法を紹介します。

テックキャンプをどのように利用すれば、転職活動を成功させられるのか、ポイントを解説するため、受講前に読んで参考にしてください。

主なポイントは次の3つです。

テックキャンプから30代で転職成功する方法

  • 分からないことはプロ講師に相談する
  • 転職支援をフル活用する
  • 転職サイトや転職エージェントからも転職活動する

それぞれ詳しく解説します。

1. 分からないことはプロ講師に相談する

プログラミング学習を進める中でわからないことがでてきたら、すぐにプロの講師に質問するようにしましょう。

テックキャンプでは、プログラミング未経験者が挫折しにくいようにカリキュラムを組んでいます。

そのため、受講者のうちプログラミング未経験者の割合は97%とほとんどが未経験者であるにもかかわらず、学習の途中離脱率は3%と、大多数の人が学習を完了させられています。

特にテックキャンプは最短10週間の超短期集中学習でスキルを身につけるプログラミングスクールです。

そのため、プロ講師に質問できる期間も人によっては短くなってしまうため、気になる点があればガンガン質問しましょう

講師への質問は回数制限がなく、対応可能時間の中ですばやく返信が来ます。

利用できる制度はしっかり使い倒して理想のキャリアを手に入れてください。

おすすめテックキャンプで挫折することはある?【挫折しない対処法もご紹介】

2. 転職支援をフル活用する

テックキャンプの転職支援制度は、IT業界未経験者専門のキャリアアドバイザーがマンツーマン体制で、あなたの転職をサポートしてくれます。

この制度をフル活用しない手はありません。

履歴書や職務経歴書の作成サポートや添削指導、面接対策も行ってもらえます。

テックキャンプのキャリアアドバイザー

画像引用元:テックキャンプ

自分で作るよりもはるかに良い仕上がりで職務経歴書が作れた、といった卒業生の声もあります。

また、テックキャンプを利用して転職をしたことで、卒業生の年収は転職後1〜3年で平均144万円アップ

国税庁の「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、平均年収が458万円であることから、この年収144万円アップの大きさがわかりますよね。

キャリアアドバイザーをフル活用して、年収大幅アップを目指しましょう。

3. 転職サイトや転職エージェントからも転職活動する

30代の人におすすめする手法の一つとして、自分でも転職サイトや転職エージェントを活用して転職活動を行うことが挙げられます。

求人案件の多い都心部で転職を考えているのであれば、テックキャンプから紹介される案件から選ぶだけで問題ありません。

しかし、求人案件の少ない地域で転職を考えている場合、紹介される案件だけでは、希望に適う案件と出会えなかったり、年齢制限に引っ掛かり応募できなかったりする場合が考えられます。

そのため、自分でも転職活動を行って、他の角度からも案件を探してみることがおすすめです。

当サイトではIT業界に特化した転職エージェントの利用をおすすめしていますので、そちらの活用も検討してみてください。

おすすめIT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選を解説

まとめ:テックキャンプは30代でも転職できる?【受講生の体験談もご紹介】

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のテックキャンプは30代でも転職できる理由、卒業生の体験談や就職成功の方法についてご紹介しました。

改めてテックキャンプは30代でも転職できる理由を確認しておきましょう。

テックキャンプは30代でも転職できる理由

  • プロ講師に回数無制限で質問できる
  • ポートフォリオ制作を経験できる
  • 書類添削や面接対策サポートがある
  • 優良求人を紹介してくれる
  • 30代なら転職保証の対象になる

テックキャンプで30代から転職したい方への注意点は下記を抑えておきましょう。

テックキャンプで30代から転職したい方への注意点

  • 紹介求人は都心部の企業がほとんど
  • 紹介求人に年齢制限が設けられていることがある

またテックキャンプから30代で転職成功する方法は以下の通り。

テックキャンプから30代で転職成功する方法

  • 分からないことはプロ講師に相談する
  • 転職支援をフル活用する
  • 転職サイトや転職エージェントからも転職活動する

テックキャンプの転職実績はもちろん、スクールの概要について少しでも気になる方はテックキャンプの無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

TECH CAMP(テックキャンプ)の評判・口コミ【ひどい・炎上と言われる理由】
TECH CAMP(テックキャンプ)の評判・口コミ【ひどい・炎上と言われる理由】

TECH CAMP(テックキャンプ)の評判に興味があるけれど、サジェストキーワードにひどい・炎上と出てくるのが気になる… 今回は、こんな悩みを解決していきます。 プログラミングスクール受講後の後悔を防 ...

続きを見る

テックキャンプの料金って高い?【お得な割引方法もご紹介】
テックキャンプの料金って高い?【お得な割引方法もご紹介】

テックキャンプの料金って高い?割引方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方 ...

続きを見る

テックキャンプの就職先・年収は?【自社開発やSESの割合もご紹介】
テックキャンプの就職先・年収は?【自社開発やSESの割合もご紹介】

テックキャンプの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや ...

続きを見る

テックキャンプは分割払いに対応しているの?【具体的な金額も解説】

テックキャンプの料金って分割払いに対応しているのかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が ...

続きを見る

テックキャンプの教室の場所ってどこ?【写真付きで詳しく解説】

テックキャンプの教室ってどこにあるんだろう?教室の場所や中の様子を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形で ...

続きを見る

テックキャンプに年齢制限はある?【コースごとに解説】

テックキャンプの年齢制限について知りたい!30代や40代でも通えるの? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
CloudInt編集部

CloudInt編集部

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクールでの体験・経験に基づき記事を監修。

-TECH CAMP

Copyright © CloudInt All Rights Reserved.