RUNTEQ

RUNTEQ(ランテック)は働きながら通える?【両立するコツも解説】

更新日 :

RUNTEQ(ランテック)は働きながら通える?【両立するコツも解説】
RUNTEQって働きながら受講できる?働きながら受講した人の口コミや、仕事とプログラミングを両立させる方法を知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

RUNTEQの受講に興味があるものの、働きながら受講しても問題ないのか・両立可能なのか、気になっている方も少なくないはず。

せっかくRUNTEQを働きながら受講しても、両立できずに学習が続かなくなってしまえば、受講料金が無駄になってしまうかもしれません。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のRUNTEQは働きながら受講できる理由や仕事とプログラミングを両立させる方法についてご紹介していきます。

RUNTEQの受講生の評判・口コミや受講するメリット・デメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ【メリットやデメリットもご紹介】
RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ【やめとけ?卒業できない?就職できない?】

RUNTEQ(ランテック)の評判や口コミを知りたい!やめとけ・卒業できない・就職できないって本当? 今回はこんな悩みを解決していきます。 RUNTEQ(ランテック)の受講に興味があるものの、やめとけ・ ...

続きを見る

目次

※当記事はプログラミングスクールの受講経験、プログラミングスクールの講師経験、プログラミングの独学経験、Webエンジニア・アプリケーションエンジニア・フロントエンドエンジニアとしての勤務経験、ITエンジニアとしての就職活動経験がある私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴の詳細は記事下部の著者情報をご確認ください。 ※当記事へのご意見等はお問い合せフォームからお寄せください。

RUNTEQ(ランテック)は働きながらでも受講できる理由

RUNTEQは、合計1,000時間以上の学習を推奨するボリューミーなプログラミングスクールです。

そのため、「働きながら膨大な学習時間を捻出するのは難しい」と感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、過去の受講生および卒業生を見ていると、働きながらプログラミング学習をする人も、フルタイムで学習にコミットしていく人も、どちらもバランスよく在籍していることが分かります。

下記では、RUNTEQが働きながらでも受講できる理由を解説します。

RUNTEQは働きながらでも受講できる理由

  • オンライン対応している
  • 現役エンジニアにいつでも質問可能
  • キャリアトレーナーが就職までサポート
  • 仲間と出会えるコミュニティがある
  • 転職支援が充実している

それでは順番に解説していきます。

理由1. オンライン対応している

RUNTEQは、オンライン対応しているプログラミングスクールです。

完全通学型のプログラミングスクールと異なり、自宅やコワーキングスペースなど自由な場所で受講できます。

そのため、仕事が終わってからの夜間もしくは仕事が始まる前の早朝でも受講しやすく、通学時間を無駄にすることがありません。

RUNTEQの学習モデル

画像引用元:RUNTEQ公式サイトより

ご覧のように「在職中で平日忙しい方は土日を中心に長期間」「休職中・離職中で平日の時間に余裕がある方は平日を中心に短期間」といったようにそれぞれの生活スタイルに合わせた学習モデルを選択できます。

働きながらの受講でも、平日は1日2時間程度、週2回の休日は8時間から10時間程度の学習時間を確保できれば、平均約9ヶ月程度で修了できるようになっています。

卒業後のサポートは期間外でも受けられるので、腰を据えてしっかり勉強したい人でもRUNTEQであれば利用しやすいのです。

理由2. 現役エンジニアにいつでも質問可能

RUNTEQでは、現役エンジニアの講師にいつでも質問できます。

オンラインでのマンツーマン指導だけでなくチャットでの質問対応もしているので、「リアルタイムな指導だと時間が合わない」「サポートが日中にしか開いていないがその時間帯は仕事をしていて対応できない」というジレンマが起きません。

早朝や深夜のうちに質問を投げておき、仕事が終わってから回答をチェックするなど、効率のよい学習がしやすいのです。

働きながらプログラミングを学ぶ場合、何よりも重視したいのが学習効率です。

質問に対する回答を待つ時間や、わからないまま悩み続ける時間を可能な限り短縮し、学習に充てられる時間はフルで新しいことに取り組む姿勢を大切にしましょう。

RUNTEQであればいつでもどこからでも質問できるので、学習効率を上げやすいのです。

講師は経験豊富な現役エンジニアであるため、スムーズに学習を進められるのもポイント。
体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
RUNTEQの講師はRUNTEQ卒業生が多いため、どこに苦労しているかなどを実際に経験しており、親身になってエラーの解決などを手伝ってくれる点。イマイチだった点は質問に対して一度だけ雑に返されたことがあったこと。
口コミ投稿者:Kさん / 19歳男性 / 北海道在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webエンジニア転職コース / オンラインで受講 / 2023年8月から7ヶ月半受講
体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
少しぶっきらぼうの人が多かったが面倒見はよい人が多かった。私は講師に質問したり、スクールが開催する勉強会に参加していた。わからない点を明確にして質問したら、どのように考えればよいのかという回答と、似たような事象についても回答してくれてとても助かった。リアルタイムで回答してくれるため、とても助かった。
口コミ投稿者:ゆうたさん / 26歳男性 / 東京都在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webマスターコース / 2023年4月から9ヶ月間受講

理由3. キャリアトレーナーが就職までサポート

RUNTEQには、専任のキャリアトレーナーが在籍しています。

キャリアトレーナーは現役エンジニアである講師とは別の立場であり、プログラミング学習ではなく受講生のキャリア形成を専門でサポートします。

専任キャリアトレーナーが就職までサポート

画像引用元:RUNTEQ公式サイトより

受けられるサポートの幅は広く、履歴書や職務経歴書の添削・自己分析・業界分析・企業分析・転職スケジュールの立案・模擬面接フィードバックなど、転職エージェントクラスのサポートが無料で受けられると思ってよいでしょう。

つまり、プログラミングスクールの他に別途転職エージェントを使う必要がないのです。

使える時間が限られているビジネスマンにとって、手間と時間を短縮できることは大きなメリットになります。

RUNTEQだけでプログラミング学習から転職サポートまで全て受けられるので、働きながら学習したい人からの人気が高まっているのでしょう。

体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
よかった点は1日1回15分の技術面談を利用できること。本当にわからないことはそこで聞いてエラー解決をできたりする。
イマイチだった点は質問フォームでこれは1日で何回でもできるが、返信が頻繁に来るわけではないので解決速度は遅い。1日に何十個と質問が来るので仕方がないのかもしれない。
口コミ投稿者:Kさん / 19歳男性 / 北海道在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webエンジニア転職コース / オンラインで受講 / 2023年8月から7ヶ月半受講

おすすめRUNTEQ(ランテック)の就職先や年収【自社開発が多い理由】

RUNTEQ(ランテック)の就職先や年収を解説【自社開発が多い理由】
RUNTEQ(ランテック)の就職先や年収を解説【自社開発が多い理由】

RUNTEQの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 RUNTEQを受講してエンジニア就職・転職を目指したいものの、卒業生が ...

続きを見る

理由4. 仲間と出会えるコミュニティがある

RUNTEQは受講生同士のつながりが深く、定期的に交流イベント・勉強会・情報交換会を開催しています。

RUNTEQの公式イベント

  • 定期勉強会
    毎回題材が異なり、講師が技術を教えてくれるイベント
  • 同期会
    入学して2ヶ月目の方を対象とした同期交流イベント
  • 全体懇親会
    運営陣や卒業生とも交流することもできる月1回のイベント
  • ポートフォリオ進捗発表会
    ポートフォリオ開発の進捗を発表して意見を言い合うイベント
  • RUNTEQ公式一緒に勉強time
    Discordで同期と進捗ごとに一緒に勉強するイベント

出典:RUNTEQの公式サイト

時には卒業生や現役エンジニアがイベントに参加することもあり、多角的なアドバイスをもらうこともできるでしょう。

働きながらプログラミング学習をしていると、空いた時間の多くを学習に費やさなければいけなくなり情報収集がおざなりになりがちです。

孤独感も高めやすく、自分がなぜプログラミングを学んでいるのか見失ってしまう人もいるのです。

RUNTEQでは受講生が参加できる各種イベントの開催に積極的なので、受講生が孤立するなどのギャップも生まれません

「転職の噂が立つので、仕事仲間にプログラミング学習中だとバレたくない」という人はなおさらRUNTEQの受講生とつながり、小さな悩みや愚痴を言い合える仲間を見つけてみましょう。

おすすめRUNTEQはポートフォリオ作成に対応している【作品例もご紹介】

理由5. 転職支援が充実している

前述の通り、RUNTEQには専任キャリアトレーナーが在籍しているので就職・転職支援が充実しています。

RUNTEQの転職サポート

  • 自己分析サポート
  • キャリア面談サポート
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • Web系企業の最新情報の提供
  • 受講生に合う企業・求人の紹介
  • 模擬面接サポート
  • いつでも面接対策ができるツールの提供
  • ポートフォリオ制作サポート

その他にも、現役エンジニアや卒業生と交流できるイベントも多く、業界の動向やトレンドに関する情報をゲットできます。

特にRUNTEQはWeb系開発企業への転職に強く、優良な企業や求人を紹介してくれます

職歴や学習中の様子次第では書類選考なしで直接面接に進めるなど、RUNTEQ受講生ならではの有利な転職活動ができるかもしれません。

転職サイト・転職エージェントでは見つけられない求人も多く、RUNTEQ独自のネットワークを活かして転職の選択肢を増やしたい人におすすめです。

なお、RUNTEQのキャリアトレーナーは転職先への入社日交渉や年収交渉もしてくれます。

必要であれば現職への退職交渉もアドバイスしてくれるので、「今の会社での引継ぎをどうしよう」「どうやって退職の話を切り出そう」と迷っている人でも安心ですね。
体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
キャリアサポートでは履歴書、職務経歴書の添削や3回の通常面接対策、1回の技術面接対策、企業軸の見つけ方など幅広くサポートしてもらった。よかった点としてはかなり細かくフィードバックをもらえるため、改善点がわかりやすかった。イマイチな点はRUNTEQと直接提携して紹介してもらえる企業が80社ほどでその中から相性がいい企業を選ぶのは大変かもしれない。ただし、RUNTEQ求人にはない企業に対してもサポートしてもらえるためそこまで問題はない。
口コミ投稿者:Kさん / 19歳男性 / 北海道在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webエンジニア転職コース / オンラインで受講 / 2023年8月から7ヶ月半受講

働きながらRUNTEQ(ランテック)を受講した人の評判・口コミ

続いては実際に働きながらRUNTEQを受講した人の評判・口コミをいくつかご紹介します。

働きながらRUNTEQに通おうか迷っている方は必見です。

評判・口コミ1. 覚悟を決めないと間に合わない

体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
働きながら受講しましたがまず時間が足りない。本当に覚悟を決めて学習しないと間に合わない。
次に心が折れる。カリキュラムが難しいので、うまく休む能力も必要でした。仕事とスクールの両立のために工夫したことは仕事と学習以外のことをやらないようにした。
口コミ投稿者:Kさん / 19歳男性 / 北海道在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webエンジニア転職コース / オンラインで受講 / 2023年8月から7ヶ月半受講

評判・口コミ2. カリキュラムに置いていかれることがあった

体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
私は働きながらRUNTEQを受講しました。他の受講生や同期は働きながら受講してる人が少なかったため、カリキュラムの進捗に置いてかれることが多かったです。工夫した点は学習内容をNotionでまとめてその内容を先に進んだ同期や講師にみてもらい、フィードバックをもらってました。
口コミ投稿者:ゆうたさん / 26歳男性 / 東京都在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webマスターコース / 2023年4月から9ヶ月間受講

評判・口コミ3. 長期に渡ってコツコツ学べる

評判・口コミ4. 働きながら+子育てしながら受講していた

評判・口コミ5. 時間を見つけて集中するのが大変

評判・口コミ6. RUNTEQは他スクールよりも難易度が高め

評判・口コミ7. 働きながらエンジニア転職が決まった人はたくさんいる

インターネット上の口コミを見ていると、働きながらRUNTEQを受講している人が多いことに気がつきます。

時間・体力面で苦労することがあるものの、他のプログラミングスクールと比較してゆったりめなカリキュラムになっているので無理なく継続できるという声が多く見られました。

なかには働きながら学習を続けてエンジニア転職に成功した人の事例もあり、履歴書上の空白期間ゼロで転職できたことに感謝する口コミも確認できます。

就労とプログラミング学習の両立は、決して不可能ではないのです。

RUNTEQ(ランテック)で働きながらプログラミング学習を継続する方法

ここでは、働きながらRUNTEQを受講するコツを紹介します。

挫折せず学習を継続したい人はもちろん、効率よく学習してなるべく短期間でのキャリアチェンジを希望している人も、チェックしておきましょう。

働きながらRUNTEQを受講してプログラミング学習を継続する方法

  • 質問は溜めずに小出しにする
  • あらかじめ自分のスケジュールを決めておく
  • 無理のない学習量を見積もる
  • 時には学習する場所や雰囲気を変えてみる
  • 「なぜ学ぶか」の目的意識を明確にする

それでは順番に解説していきます。

方法① 質問は溜めずに小出しにする

プログラミング学習を進めているうちに疑問に思ったことがあれば、小出しに質問していきましょう。

「こんな小さなことだけで質問していいのかな」と遠慮する気持ちが続くと、わからないことが溜まってしまい学習効率を大幅に損ねます。

最終的にわからないことの方が多くなってしまい、頭がパンクしてモチベーションも下がってしまうでしょう。

最悪の場合、「わかったつもり」になってRUNTEQを卒業するなど、スキルを身につけるチャンスを失ってしまいます。

RUNTEQでは質問回数に制限を設けていないので、気になることは遠慮なく質問することが大切です。

方法② あらかじめ自分のスケジュールを決めておく

働きながらプログラミング学習をする場合、あらかじめ自分専用のスケジュールを決めておきましょう

月曜日の何時から何時まで何時間、火曜日の何時からどの単元をやる、と具体的なスケジューリングをしていくのがおすすめです。

学生の時間割さながらのスケジューリングができれば、毎日学習を始めるときに「何から手をつけよう」と迷うこともありません。

パソコンに向かい次第すぐに学習を始められ、時間を無駄にすることもなくなります。

特にRUNTEQは開発現場で重宝される即戦力の習得に焦点を充てているので総学習時間が1,000時間とボリューミーであり、スケジュールを立てておかないと挫折しやすくなります。

RUNTEQの講師はスケジューリングもサポートしてくれるので、不安な人は早めに相談しておきましょう。

タスクやスケジュール管理のおすすめサービス

方法③ 無理のない学習量を見積もる

1,000時間に及ぶカリキュラムを進めるとき、特に働きながら受講する人は焦ってしまいがちです。

「人より学習に割ける時間が少ないのだから、なるべく頑張らないと」と詰め込みたくなる気持ちがあるかもしれませんが、まずは無理のない学習量から始めましょう

働きながら続ける場合、学習が数ヶ月単位に長くなることもあるので最初からフルスロットルで努力するとエネルギーが続きません。

最初の1~2ヶ月は順調でも、3~4ヶ月目以降に失速して挫折することも少なくないので注意しておきましょう。

習慣がつくまでは平日は1日2時間程度の学習に抑え、休日も5~6時間程度のボリュームにするのがおすすめです。

マラソンや長距離走と同じように、一歩一歩着実に焦らず進めていくことが大切。

方法④ 時には学習する場所や雰囲気を変えてみる

時には自宅ではなくコワーキングスペースや図書館、勉強カフェに出向くなど、勉強する場所・雰囲気を変えてみましょう。

プライベート時間の多くをプログラミング学習に割こうとすると、どうしても自宅と職場の往復ばかりする毎日になってしまいます。

モチベーションを何ヶ月も高く保ち続けられるのであれば問題ありませんが、同じことの繰り返しだとどうしてもやる気がなくなることもあるでしょう。

自分と同じく勉強している人の姿を視野に入れられる場所へ出向けば、自然と頑張れるかもしれません。

方法⑤ 「なぜ学ぶか」の目的意識を明確にする

なぜプログラミングを学ぶのか、目的意識を明確にしておきましょう。

今いる職場でプログラミングスキルを活かして昇進・昇格したいエンジニア転職を叶えてキャリアチェンジしたいなど、人により目的はさまざまです。

なりたい自分を想像すれば挫折しづらく、働きながら学習を継続するモチベーションにもなります。

RUNTEQでは、専属のキャリアトレーナーが自己分析も手伝ってくれるので相談してみるとよいでしょう。

自分の価値観がどこにあるのか見つめなおす時間を取り、ブレない方針を掲げるのがポイントです。

RUNTEQ(ランテック)で働きながらエンジニア転職を成功させる方法

続いてはRUNTEQ(ランテック)で働きながらエンジニア転職を成功させる方法をいくつかご紹介します。

RUNTEQ(ランテック)で働きながらエンジニア転職を成功させる方法

  • 書類選考対策をする
  • 面接練習を重ねる
  • 求人紹介サポートを活用する

それでは順番に解説していきます。

方法① 書類選考対策をする

強みをアピールできる書類作成のサポート

画像引用元:RUNTEQ

RUNTEQ(ランテック)は転職活動の履歴書・職務経歴書の添削サポートを実施しています。

書類選考はIT転職活動の第一関門でもあるため決して軽視できません。

確実に書類選考を通過できるように、RUNTEQ(ランテック)のキャリアトレーナーのアドバイスをしっかり活用しましょう。

方法② 面接練習を重ねる

多様な面接練習

画像引用元:RUNTEQ

RUNTEQ(ランテック)はIT転職に特化した面接対策のサポートも実施しています。

エンジニア転職の場合、一般的な面接とは別に技術面のスキルや活動を深掘りされる技術面接がおこなわれます。

RUNTEQ(ランテック)の模擬面接や面接対策ツールを使って面接の練習を重ねましょう。

方法③ 求人紹介サポートを活用する

1人1人に合った会社探しのサポート

画像引用元:RUNTEQ

RUNTEQ(ランテック)はWeb系開発企業の内定率が98%という華やかな実績を持っていることでも有名です。

受講生の要望や叶えたいキャリアプランに応じて、最適な求人を紹介してくれるため、エンジニア転職が初めての方でも安心。

一般的なプログラミングスクールではSES企業が紹介されることもありますが、RUNTEQの場合は自社開発企業や受託開発企業に特化しているのもポイントです。

体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
キャリアサポートでは履歴書、職務経歴書の添削や3回の通常面接対策、1回の技術面接対策、企業軸の見つけ方など幅広くサポートしてもらった。よかった点としてはかなり細かくフィードバックをもらえるため、改善点がわかりやすかった。イマイチな点はRUNTEQと直接提携して紹介してもらえる企業が80社ほどでその中から相性がいい企業を選ぶのは大変かもしれない。ただし、RUNTEQ求人にはない企業に対してもサポートしてもらえるためそこまで問題はない。
口コミ投稿者:Kさん / 19歳男性 / 北海道在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webエンジニア転職コース / オンラインで受講 / 2023年8月から7ヶ月半受講

まずはRUNTEQ(ランテック)の無料キャリア相談会を利用してみよう

RUNTEQでは、無料キャリア相談会をおこなっています。

プログラミングやIT業界の知識が豊富な専門のカウンセラーと、RUNTEQで受講生と関わっているカスタマーサポートの担当者がつくので、実際のRUNTEQの様子を学べます。

具体的なカリキュラム・プラン・料金・サポート内容・キャリアプランに関する相談はもちろん、「そもそもプログラミングを学ぶか迷っている」などの相談もできるので何でも質問してみましょう。

入会を強要されることもありませんのでご安心ください。

無料キャリア相談会に向けた事前準備も要らず、都合のよいタイミングに申し込むだけでOKです。

体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
無料キャリア相談会を受けて、本当にこのスクールは耳障りのいいことを言わずにちゃんと運営しているんだなと感じた。
口コミ投稿者:Kさん / 19歳男性 / 北海道在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webエンジニア転職コース / オンラインで受講 / 2023年8月から7ヶ月半受講
体験談・口コミ
RUNTEQ受講生の体験談・口コミ(通塾証明済み)
私は無料キャリア相談会を利用しました。とても丁寧に話を聞いていただきました。また、Web系とSIerの違いや年収の上がり幅の話などは興味深かったです。
口コミ投稿者:ゆうたさん / 26歳男性 / 東京都在住
卒業後の業界(職種):ソフトウエア・通信(IT・Web)
受講スクール:RUNTEQ / Webマスターコース / 2023年4月から9ヶ月間受講

手順1:RUNTEQ公式サイトにアクセスする

手順1:RUNTEQ公式サイトにアクセスする

手順2:「無料キャリア相談会申し込み」をタップする

手順2:「無料キャリア相談会申し込み」をタップする

手順3:必要事項を入力する

手順3:必要事項を入力する

手順4:プライバシーポリシーに同意して「この内容で申し込む」をタップする

手順4:プライバシーポリシーに同意して「この内容で申し込む」をタップする

>> RUNTEQ(ランテック)の公式サイトを確認する

まとめ:RUNTEQ(ランテック)は働きながら通える?【両立するコツも解説】

まとめ:RUNTEQ(ランテック)は働きながら通える?【両立するコツも解説】

  • RUNTEQは「開発現場が求めるレベルに到達できるWebエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクール
  • RUNTEQは受講期間が長いものの、様々なサポートで働きながら継続できる仕組みが整えられている
  • RUNTEQでは働きながら受講してエンジニア転職に成功した人はたくさんいる
  • 働きながらRUNTEQを継続するには「質問は溜めずに小出しにする」「あらかじめ自分のスケジュールを決めておく」「無理のない学習量を見積もる」といったポイントを意識しよう
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料キャリア相談会に申し込もう

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のRUNTEQは働きながら受講できる理由や仕事とプログラミングを両立させる方法についてご紹介しました。

RUNTEQは他のプログラミングスクールと比較すると受講期間が長いため、挫折率が高いようにも思えますが、働きながら継続できる様々なサポートが用意されています

RUNTEQは働きながらでも受講できる理由

  • オンライン対応している
  • 現役エンジニアにいつでも質問可能
  • キャリアトレーナーが就職までサポート
  • 仲間と出会えるコミュニティがある
  • 転職支援が充実している

そのためRUNTEQの卒業生の多くは、働きながら受講してWeb系の受託開発企業や自社開発企業に転職成功しています。

またRUNTEQで働きながらプログラミング学習を継続したい方は、以下のポイントを意識するのがオススメです。

働きながらRUNTEQを受講してプログラミング学習を継続する方法

  • 質問は溜めずに小出しにする
  • あらかじめ自分のスケジュールを決めておく
  • 無理のない学習量を見積もる
  • 時には学習する場所や雰囲気を変えてみる
  • 「なぜ学ぶか」の目的意識を明確にする

RUNTEQは転職・就職の成功だけでなく、生徒ひとりひとりがエンジニアとして自立してキャリアを歩めるようにサポートするスクールです。

年齢制限や受講条件が無いので、未経験の方でも安心して受講することができます。

RUNTEQはWebエンジニア就職に特化したプログラミングスクールで、転職成功者の98%がWeb系開発企業に内定を貰っています。選考対策やメンターサポート、ポートフォリオ制作サポートといった就職支援も手厚く、エンジニアとしてキャリアアップしたい方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

とはいえいきなり入塾するのは不安ですし怖いですよね。

そんな時はRUNTEQの無料キャリア相談会を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料キャリア相談会を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ【メリットやデメリットもご紹介】
RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ【やめとけ?卒業できない?就職できない?】

RUNTEQ(ランテック)の評判や口コミを知りたい!やめとけ・卒業できない・就職できないって本当? 今回はこんな悩みを解決していきます。 RUNTEQ(ランテック)の受講に興味があるものの、やめとけ・ ...

続きを見る

ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)の違いを徹底比較【どっちがおすすめ?】
ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)の違いを徹底比較【どっちがおすすめ?】

ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)どっちが良いかな?両者を比較して違いを詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)はWebエンジニア ...

続きを見る

【受講経験者の掲載口コミについて】
当サイトに掲載されているプログラミングスクール及びWebデザインスクールの口コミはSNSやクラウドソーシングサービスにて収集をおこなったものです。情報の信頼性・信憑性を担保するため、受講証明書、入会通知書等の画像・PDFファイルによって在籍/通塾を証明できた体験談には「通塾証明済み」を記載しております。 中立性・公平性を担保するため、デメリットを含む内容の口コミも掲載しております。口コミ内に掲載されている年齢・在住都道府県は受講開始時点のものです。口コミ投稿者名はニックネームや仮名を含みます。
  • この記事の著者/監修者
CloudInt編集部

CloudInt編集部

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOコンサルティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクール等での私の体験・経験に基づき記事を執筆・編集・監修。

-RUNTEQ

Copyright © CloudInt All Rights Reserved.