RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)で挫折することってある?注意点や対処法をご紹介

更新日 :

RaiseTech(レイズテック)で挫折することってある?注意点や対処法をご紹介
RaiseTech(レイズテック)で挫折する人はいるのかな?挫折した人の口コミ・体験談や挫折しないための対処法を知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のRaiseTech(レイズテック)の挫折する人の特徴や口コミ、挫折しないための対処法についてご紹介していきます。

本記事で分かること

  • RaiseTech(レイズテック)は挫折率が低い理由
  • RaiseTech(レイズテック)で挫折する人の特徴
  • RaiseTech(レイズテック)には全額返金保証があるので挫折しても安心
  • RaiseTech(レイズテック)で挫折しないための方法
  • RaiseTech(レイズテック)のおすすめコース

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する情報を発信しています。他の記事も合わせてご覧ください。

おすすめRaiseTech(レイズテック)の評判・口コミ【メリットやデメリットもご紹介】
おすすめプログラミングスクールで挫折してしまう理由【挫折率が低いスクールもご紹介】

RaiseTech(レイズテック)の挫折率が低い理由

RaiseTech(レイズテック)は株式会社RaiseTechが提供するプログラミングスクールであり、「最速で稼げるエンジニアになる」スクールとして注目されました。

徹底した現場主義と挫折しないサポートに強みがあり、現役エンジニア講師の授業をオンラインで受講できます。

ここでは、特に「挫折しないサポート」に焦点を当てて解説します。

プログラミング学習に不安がある方や、今まさに諦めそうになっている方はぜひご参考ください。

RaiseTech(レイズテック)の挫折率が低い理由

  • チャット/通話での質問サポート
  • 受講生同士のコミュニティ
  • 転職・副業の無期限サポート
  • 個別の学習ロードマップ作成サポート
  • 週に一度の進捗確認ミーティング

それでは順番に解説していきます。

理由1. チャット/通話での質問サポート

RaiseTechのチャットサポート

画像引用元:RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)には受講生からの質問を受け付けるシステムがあり、チャットでも通話でも使えます

質問内容に制限がないので、RaiseTech(レイズテック)内で教わるカリキュラムに関することはもちろん、それ以外の一般的な質問も可能です。

「エンジニア転職を成功させるための秘訣は?」「年収〇万円を提示されたがこれは安いのか高いのか?」など、プログラミング学習以外のこともどんどん質問していきましょう

なかには人生相談やビジネスプランの添削などもあり、多彩な質問が飛び交います。

また、回数制限もなく、疑問が出たときに何度も質問できるのも特徴です。

受講期間中だけでなく受講後も半永久的に使用できるので、卒業してエンジニアになってからの相談先としても活用できます。

>> RaiseTech(レイズテック)の公式サイトを確認する

理由2. 受講生同士のコミュニティ

RaiseTechのコミュニティ

画像引用元:RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)は受講生同士のコミュニティが盛んなのも特徴で、定期的にイベントがおこなわれています。

プログラミングを始めたばかりの人を対象としたキックオフイベントから、エンジニア就職・転職・案件獲得の報告会まで、内容はさまざまです。

どんな行動でどんな結果を出せたかなど、同じ受講生同士だからこそ盛り上がる話もあるので積極的に参加してみましょう

なかには講師やメンターが参加するイベントもあり、アドバイスを直接もらえることも多いです。

自分ひとりでは学習のモチベーションを維持できなさそうなときや、早い段階で業界内外の人とのつながりを持っておきたいときに活用できます。

理由3. 転職・副業の無期限サポート

RaiseTechの転職・副業の無期限サポート

画像引用元:RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)は、エンジニア転職をサポートするオンラインサロン「転職クエスト」と提携しています。

エンジニア転職をサポートするだけでなく、自己分析やキャリアプランづくりも支援してくれるので、自分が将来やりたいことを可視化しやすくなるでしょう。

希望の会社が見つかるよう求人をピックアップしてくれるなど、転職の手間を省けるのも特徴です。

また、フリーランスエンジニアや副業エンジニアを目指す人には、学習状況をポートフォリオ化する「Build Up」を提供しています。

学習進捗を見える化する学習記録アプリであり、ポートフォリオも作成できるのでクライアントに提示する材料がほしいときに便利です。

フリーランスに欠かせない営業のやり方・案件を獲得する方法・応募書類の添削まで幅広くサポートしているので、ぜひ活用していきましょう。

プログラミングスクールで学んだ内容をキャリアに直接活かしたい人にこそ、おすすめのサポートです。

>> RaiseTech(レイズテック)の公式サイトを確認する

理由4. 個別の学習ロードマップ作成サポート

個別の学習ロードマップ作成サポート

画像引用元:RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)では、事前学習用のロードマップだけでなく、受講中の進捗を反映したロードマップも作成しているのが特徴です。

受講生ごとに異なる学習状況・目標・ライフプランなども総合的に加味されたロードマップなので、今後何を重点的に学ぶべきかが一目でわかります。

自分に合った勉強法にしたいときや、今のやり方に違和感や不安があるときに活用していきましょう。

なお、ロードマップづくりはRaiseTech(レイズテック)の代表であるエナミ氏が担当します。

講師のスキルに左右されない確実なロードマップだからこその信頼感もあるので、RaiseTech(レイズテック)ならではの取り組みとして注目しておきましょう。

理由5. 週に一度の進捗確認ミーティング

週に一度の進捗確認ミーティング

画像引用元:RaiseTech

週に1度はメンターとグループミーティングが実施され、学習進捗を確認します。

主な目的な学習の習慣化や学習初期に生じやすい不安の解消ですが、それ以降に起きるキャリア相談やモチベーションダウン予防にも活用可能です。

また、グループミーティングなので他の受講生が参加する場でもあり、学習仲間を作る場にもなっています。

「学習が思うように進まない」「ずっと自学自習では不安」という方こそ、RaiseTech(レイズテック)のサポートを活用していきましょう。

>> RaiseTech(レイズテック)の公式サイトを確認する

RaiseTech(レイズテック)で挫折する人の特徴

RaiseTech(レイズテック)は挫折を予防するサポートの多いプログラミングスクールですが、使い方次第ではどうしても挫折してしまうことが出てきます。

ここでは、RaiseTech(レイズテック)で挫折する人に共通する特徴をチェックしてみましょう。

自分にも当てはまりそうなことがあれば、早めの対策をおすすめします。

RaiseTech(レイズテック)で挫折する人の特徴

  • 学習目的があいまいな人
  • エンジニア講師を活用しなかった人
  • 無料説明会に参加しなかった人

それでは順番に解説していきます。

特徴1. 学習目的があいまいな人

学習目的が曖昧なままプログラミングスクールに入会してしまうと、気持ちばかり空回って焦ってしまうことが多いので注意しましょう。

「とりあえず目先の課題をクリアしなければ」と思っていられるうちは問題ないですが、学習内容のレベルアップに伴ってつまづくことが増えると、モチベーションが一気に下がります。

苦労してまでプログラミング学習をしている目的を見いだせなくなり、そのままドロップアウトするような形で挫折するリスクが高まるので要注意です。

まずは、プログラミングを始めようとおもったそもそものきっかけを書き出してみましょう。

そのうえで、プログラミングスキルを習得することで得られるメリットを可視化し、自分の目的・目標に見合っているか照らし合わせるのがおすすめです。

十分な目的意識があれば、万が一つまづいたときにも気持ち新たにふんばれるかもしれません。

時にはRaiseTech(レイズテック)のメンターに相談しながら、モチベーションを継続していくのも大切です。

>> RaiseTech(レイズテック)の公式サイトを確認する

特徴2. エンジニア講師を活用しなかった人

RaiseTech(レイズテック)には優秀な現役エンジニア講師が多数在籍していますが、そもそも講師を活用しようと思わないままでは宝の持ち腐れになってしまいます。

プログラミング知識はもちろん、業界のトレンドや最新情報を多数持っているのがエンジニア講師なので、積極的に活用していきましょう。

RaiseTechの現役エンジニア講師

画像引用元:RaiseTech

まずはわからないところがあればすぐに質問し、アドバイスを求めるのがおすすめです。

質問回数や期間に制限がないこともRaiseTech(レイズテック)の特徴なので、自分で調べてもわからなければすぐに質問して問題ありません。

繰り返しているうちに調べ方や学習方法が身につき、いずれ自分で問題解決できるようになっていきます

学習進捗に不安があればメンターを頼ったり、ロードマップを作成し直してもらって軌道修正したり、さまざまな方向で頼るのがポイントです。

特徴3. 無料説明会に参加しなかった人

RaiseTech(レイズテック)では毎週金曜日20時から無料説明会を実施しているので、気になる方はぜひ申し込んでみましょう。

無料説明会では、RaiseTech(レイズテック)の特徴はもちろん、IT業界の動向・トレンドから自分に合ったプログラミングスクールの選び方まで幅広く解説してもらえます。

オンラインで参加できるので、説明会の会場に出向く必要もありません。

その場ですぐに回答してもらえる質疑応答タイムも設けられており、公式サイトだけではわからなかったことも聞けます。

コース・料金・解約規定など細かな制度を聞くもよし、エンジニア転職市場など包括的な話を聞くもよし。

上手に役立てながら情報収集し、入会後のミスマッチをなくしましょう

>> RaiseTech(レイズテック)の無料説明会の詳細を見る

RaiseTech(レイズテック)には全額返金保証があるので挫折しても安心

RaiseTech(レイズテック)では、利用期間開始から2週間以内であれば受講料を全額返金してもらえます。

「受講者が利用期間開始から14日目までに当社の指定する方法にて解約する旨の通知を当社に対して行った場合は、受講者は本サービスを解約できる」とされているので、チェックしておきましょう。

RaiseTech(レイズテック)には全額返金保証があるので挫折しても安心

画像引用元:RaiseTech

入会した後に相性の悪さに気づいたときや、思っていたサービスと違うなどミスマッチが生じたときは、早めの手続きが肝心です。

また、全額返金制度があるからこそ気軽にお試しできるようになっているので、「迷っているからとにかくやってみよう」という後押しにもなっています。

ただし、下記のように「学習意欲がない」「情報取集が目的」とみなされてしまった場合は、14日以内であっても返金されません

RaiseTechの全額返金が適用されないケース

  • 課題の提出を一度も行っていない場合
  • 講師または対象クラス内で技術的情報を多数得た場合
  • 講師からの発言に反応しない、個別面談にも応じないなどの学習意欲が見られない場合
  • 学習に無関係の自己都合による事由の場合(突発的な金銭的事情や入院など)

あくまでも学習の継続に問題が生じそうになったときのみに使える制度であることを理解し、活用するのがポイントです。

>> RaiseTech(レイズテック)の公式サイトを確認する

RaiseTech(レイズテック)で挫折しないための方法

ここでは、RaiseTech(レイズテック)で挫折しないための方法を解説します。

挫折を予防したいときや、過去に別のプログラミングスクールで挫折した経験があるときは必見です。

RaiseTech(レイズテック)で挫折しないための方法

  • カリキュラムで分からない時はすぐ質問する
  • 受講生同士のコミュニティを活用する
  • 事前学習しておく

それでは順番に解説していきます。

方法1. カリキュラムで分からない時はすぐ質問する

カリキュラムで分からないときは、すぐにエンジニア講師へ質問しましょう。

分からないことを分からないまま放置してしまうと、次に学習する際にまた同じポイントでつまづいてしまいます。

無理矢理学習を進めることもできますが、後半になるにつれて理解が追いつかなくなり、もはやどこが分からなかったのかすら見失ってしまうこともあるでしょう。

そうすると初期の単元から学び直しが必要なので、却って時間もコストもかかります。

反対に、分からないとき速やかに質問して疑問を解消しておけば、次へのステップアップもスムーズです。

RaiseTech(レイズテック)にはいつでも質問できるエンジニア講師が在籍しているので、使わない手はありません。

RaiseTechのチャットサポート

画像引用元:RaiseTech

遠慮せずチャットや通話で質問し、分かるまでとことん解説してもらいましょう。

>> RaiseTech(レイズテック)の公式サイトを確認する

方法2. 受講生同士のコミュニティを活用する

受講生同士のコミュニティを活用し、自分のモチベーションに代えていくこともおすすめです。

自分がつい学習をサボろうとしたときでも、同じように頑張っている受講生がいるとわかっていればもうひと踏ん張りできるかもしれません。

また、自分以上に努力している受講生や、自分と同じ環境から成功した卒業生の姿を見ていると、自然とやる気が出てくるものです。

日常的なコミュニケーションができればストレス発散としても役立つので、空いている時間を活用しながらイベントに参加していきましょう。

方法3. 事前学習しておく

徹底的に予習し、学習のスピードを上げる方法もあります。

RaiseTech(レイズテック)のカリキュラムは詳細に至るまで事前に公開されており、ロードマップを使えば今後どの単元をいつまでに終わらせるべきかも一目瞭然です。

時間に余裕があるときに先の単元を少し見ておくなど工夫すれば、実際に学び始めてからの理解力が上がるでしょう。

反対に、定期的に復習しながら知識の定着度合いを確認していくのもおすすめです。

わからないところが後から出てきても質問できるので、学び漏れがないかチェックしながら挫折を防いでいきます。

>> RaiseTech(レイズテック)の公式サイトを確認する

RaiseTech(レイズテック)のおすすめコース

最後に、RaiseTech(レイズテック)に設置されている複数のコースから、特におすすめのものをピックアップしてお伝えします。

料金はコースにより異なりますが、一括の場合は税込34万円~50万円ほどです。

どのコースにすべきか迷ったときは無料説明会で相談することもできるので、活用してみましょう。

RaiseTech(レイズテック)のおすすめコース

それでは順番に解説していきます。

RaiseTech(レイズテック)のおすすめコース①AWSフルコース

AWSフルコース

画像引用元:RaiseTech

コース名AWSフルコース
受講料金448,000円(税込)
学割料金288,000円(税込)
授業回数全16回(週1回/1回あたり120分)
質疑応答10:00~24:00 (月曜日~日曜日)
参加条件MacかWindowsのPCをもっている
ネット検索を利用できる
LINEを利用できる
PCの基本的な操作が問題なくできる
公式サイトAWSフルコースの詳細を見る

AWSフルコースは、クラウドサービスでトップシェアを誇るAWSの技術と現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コースです。

近年特にクラウド化の流れが進んでおり、クラウド移行やインフラ構築のニーズが高まっているため、インフラエンジニアの採用も拡大しています。

インフラのコード化、自動化、DevOpsなどを幅広く学んでおくことで、エンジニアとしてのキャリア形成に大きく貢献するでしょう。

なお、オンライン授業は全16回展開され、万が一欠席しても授業のアーカイブを見直せます。

動画教材も随時追加され、半永久的に閲覧できるので卒業後にも役立ちます

>> RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースの詳細を見る

RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースの評判・口コミ【料金や特徴を解説】
RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースの評判・口コミ【料金や特徴を解説】

RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースってどうなの?特徴や料金、評判・口コミや稼ぎ方について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高 ...

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)のおすすめコース②Javaフルコース

Javaフルコース

画像引用元:RaiseTech

コース名Javaフルコース
受講料金448,000円(税込)
学割料金288,000円(税込)
授業回数全16回(週1回/1回あたり120分)
質疑応答10:00~24:00 (月曜日~日曜日)
参加条件MacかWindowsのPCをもっている
ネット検索を利用できる
LINEを利用できる
PCの基本的な操作が問題なくできる
公式サイトJavaフルコースの詳細を見る

Javaフルコースは、案件数がトップのプログラム言語・Javaと現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コースです。

フリーランス向けのJava案件数もJavaエンジニアの求人数も長く安定しており、初心者もしくは未経験からエンジニアを目指したい人に向いています。

特にJavaエンジニアが担当することが多いのは、銀行ATM・顧客管理・経費精算などに用いられる業務システムです。

規模の大きな開発ができるからこそ実績や経験を積みやすく、エンジニアとして大成する道が近づきます。

周辺技術としてフレームワークやライブラリについて学べることも特徴で、Webアプリケーション開発を実践的に学べるのでチャレンジしてみましょう。

>> RaiseTech(レイズテック)のJavaフルコースの詳細を見る

RaiseTech(レイズテック)のおすすめコース③WordPress副業コース

WordPress副業コース

画像引用元:RaiseTech

コース名WordPress副業コース
受講料金448,000円(税込)
学割料金288,000円(税込)
授業回数全16回(週1回/1回あたり120分)
質疑応答10:00~24:00 (月曜日~日曜日)
参加条件MacかWindowsのPCをもっている
ネット検索を利用できる
LINEを利用できる
PCの基本的な操作が問題なくできる
公式サイトWordPress副業コースの詳細を見る

WordPress副業コースは、WordPressと呼ばれるコンテンツ管理を支援するシステムを使って、Webサイトを制作する技術を学ぶコースです。

サーバーの基礎から、PHPを使ったプログラミングの基礎、HTMLやCSS、JavaScriptを使ったWebサイトのコンテンツ制作について学べるので、複合的な知識を得られます。

最終的にはWordPressによるWebサイトの制作ができるところまで到達でき、フリーランスエンジニアとして独立・副業を目指したい方にもおすすめです。

なお、WordPressを使った実装のみを担当する初心者フリーランス向けの案件も多く、始めて副業をしたいときにも向いています。

まずはスキルを収入に変える成功体験を得たいときにも活用しやすいコースなので、試してみましょう。

>> RaiseTech(レイズテック)のWordPress副業コースの詳細を見る

RaiseTech(レイズテック)のWordPress副業コースの評判・口コミ【料金や特徴を解説】

RaiseTech(レイズテック)のWordPress副業コースってどうなの?特徴や料金、評判や稼ぎ方について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激 ...

続きを見る

まとめ:RaiseTech(レイズテック)で挫折することってある?注意点や対処法をご紹介

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のRaiseTech(レイズテック)の挫折する人の特徴や口コミ、挫折しないための対処法についてご紹介しました。

改めてRaiseTech(レイズテック)の受講生の挫折率が低い理由を確認しておきましょう。

RaiseTech(レイズテック)の挫折率が低い理由

  • チャット/通話での質問サポート
  • 受講生同士のコミュニティ
  • 転職・副業の無期限サポート
  • 個別の学習ロードマップ作成サポート
  • 週に一度の進捗確認ミーティング

またRaiseTech(レイズテック)で挫折しないためには以下の対処法がおすすめです。

RaiseTech(レイズテック)で挫折しないためのおすすめの方法

  • カリキュラムで分からない時はすぐ質問する
  • 受講生同士のコミュニティを活用する
  • 事前学習しておく

RaiseTech(レイズテック)のカリキュラムは決して簡単ではありません。

インプットとアウトプットを繰り返しながら、しっかり理解を深められるように努力することが大切です。

RaiseTech(レイズテック)は最速で稼げるエンジニアを目指すWebエンジニア向けのプログラミングスクールです。質疑応答や面談、転職支援や案件獲得といったサポートが充実しているのが特徴です。教材のレベルも高いため、将来、就職/転職や副業や独立といった形でキャリアアップしたい方にはイチオシのプログラミングスクールと言えるでしょう。

とはいえいきなり入塾するのは不安ですし怖いですよね。

そんな時はRaiseTech(レイズテック)の無料説明会を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料説明会を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

RaiseTech(レイズテック)の評判・口コミ【メリットやデメリットもご紹介】
RaiseTech(レイズテック)の評判・口コミ【メリットやデメリットもご紹介】

RaiseTech(レイズテック)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)の料金って高い?【お得な割引方法もご紹介】

RaiseTech(レイズテック)の料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリー ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
CloudInt編集部

CloudInt編集部

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクールでの体験・経験に基づき記事を監修。

-RaiseTech

Copyright © CloudInt All Rights Reserved.