エンジニア就職・転職

Web系でついていけない?【対処法やおすすめの転職先も解説】

更新日 :

Web系でついていけない?【対処法やおすすめの転職先も解説】
Web系でついていけない!対処法やおすすめの転職先を知りたい!

今回はこんな悩みにお答えしていきます。

Web系でついていけないから転職したいと考えている方も少なくないはず。

Web系でついていけないまま働き続けていると、精神的にも肉体的にもストレスがかかり、思わぬ事態を引き起こしてしまうかもしれません。

そこで今回はWeb系でついていけない理由や体験談、対処法やおすすめの転職先などについて解説します。

【迷ったらココ】Web系でついていけない人におすすめの転職エージェント

マイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT
Geekly
Geekly
レバテックキャリア
レバテックキャリア
IT・Web業界に特化したキャリアアドバイザー
年収UP率73.7%&定着率97.5%
希望に合わせた非公開求⼈を紹介
IT・Web・ゲーム業界特化のエージェント
書類選考通過率3.4倍
年収アップ率81%&年収UP額の平均は76万円
エンジニア経験のあるアドバイザー多数
初回提案内定率90%&年収アップ率60%以上
社風など非公開情報に詳しい

※マイナビ・Geekly・レバテックキャリア各社のプロモーションを含みます。

おすすめIT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選

※当記事はプログラミングスクールの受講経験、プログラミングスクールの講師経験、プログラミングの独学経験、Webエンジニア・アプリケーションエンジニア・フロントエンドエンジニアとしての勤務経験、ITエンジニアとしての就職活動経験がある私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴の詳細は記事下部の著者情報をご確認ください。 ※当記事へのご意見等はお問い合せフォームからお寄せください。

Web系でついていけない主な理由

エンジニアの中でも、特にWeb系はやめとけと言われています。

Web系はIT業界の中でも発展が早く、求められるスキルや知識について自分から情報をキャッチアップしにいく必要があります。

仕事をしながら新しい知識、技術の習得をし続けなければならないため、精神的な負担も少なくありません。

新しい技術を積極的に取り入れていくWeb系に憧れて入社したものの、ついていけないと感じる新卒エンジニアが増えすぎています。

ここではWeb系でついていけない主な理由を3つご紹介します。

Web系でついていけない主な理由

  • 求められるスキルレベルが高い
  • スピード重視で流れが早い
  • 技術習得し続ける必要がある

それでは順番に解説していきます。

理由1. 求められるスキルレベルが高い

Web系のエンジニアがついていけないと感じる理由の1つが、求められるスキルレベルの高さです。

急速に発展しているWeb業界では、新しい技術やツールが次々と登場しているため、エンジニアは新しいスキルを身につけ続ける必要があります。

特にWeb系企業の自社開発プロジェクトに携わる場合、ネットワークやマーケティング、経営など幅広く対応が求められるため、ネット上ではやめとけと言うエンジニアもいます。

登場してすぐにスキルや知識が必要になる訳ではありませんが、学ばなければついていけないと感じるでしょう。

また、自分よりも後から入ってきた社員が新しい技術やスキルを持っていた場合、スキル不足を感じてつらくなるかもしれません。

周りとのスキルレベルに差を感じると、業務へのモチベーションも下がります。

さらに、リモートワークや客先常駐で、周りのエンジニアへ相談できず、新しい技術を学ぶ前に、新規プロジェクトに参画しなければならないケースもあります。

毎日の激務に加え、新しい技術や知識も学ぶ姿勢が求められるため、Web系はついていけないと感じるエンジニアも多いようです。

理由2. スピード重視で流れが早い

Web系の企業はスピード重視のアジャイル開発が多いです。

一般的なSIerではウォーターフォール型開発が多いため、手法の違いからついていけないと感じる方もいるでしょう。

ウォーターフォール型開発は工程を1つずつ確認しながら慎重に開発を進めますが、アジャイル型開発はトライアンドエラーを素早く繰り返していく手法です。

技術の発展が目覚ましいWeb系では、機能は最小限でも素早くリリースすることが求められます。

日々進化する技術と顧客要望に合わせて対応するため、アジャイル開発に慣れるまで時間がかかるかもしれません。

自らトレンド技術を学びながら、スピーディーな開発を進めるのは、精神的な負担も大きいです。

プロジェクトによってはとにかく手を動かし続けなければならないため、慎重な性格の方にとっては精神的な負担も大きいでしょう。

おすすめWeb系とSIerはどっちがおすすめ?【将来性や違いを比較】

理由3. 技術習得し続ける必要がある

Web系の技術や知識は、新しい技術だけでなく、従来の技術や知識も必要です。

顧客の要望やプロジェクトの性質に応じて、最新技術でなく、デザインや操作性などを向上させるためにあえて昔の技術を採用するケースもあります。

基本的にトレンド技術を取り入れた開発がメインなWeb系でも、互換性の維持が必要なプロジェクトでは従来の言語やフレームワークを採用することも少なくありません。

そのため、エンジニアは常に技術習得に向けて学び続ける必要があり、トレンドや未知の業務に興味が持てないとついていけないと感じるでしょう。

多忙なプロジェクトに参画している場合は、プライベートな時間にプログラムの勉強や情報収集が必要になるかもしれません。

Web系でついていけないときの対処法

Web系の変化に追いつくのが難しい、ついていけないと感じたら、今後のキャリアについて考える必要があります。

Web系でついていけないと感じたら、次の5つの対処法を試してみましょう。

Web系でついていけないときの対処法

  • 簡単な仕事を振ってもらう
  • 別部署に移動する
  • Web系以外のIT企業に転職する
  • 別職種に転職する
  • プログラミングスキルを向上させる

対処法がわかっていれば、エンジニアとして自信をなくす前に行動できるかもしれません。

自分の環境やタイミングによって適した対処法は異なりますので、事前に確認しておきましょう。

対処法1. 簡単な仕事を振ってもらう

自分のスキルが不足していると感じたら、上司や先輩に相談して、今よりも簡単な仕事を振ってもらいましょう

簡単な仕事と言っても、自分の実力よりも少し高いスキルが必要な仕事が望ましいです。

プロジェクトや会社の雰囲気によっては相談しにくいかもしれませんが、仕事の割り振りをきっかけにコミュニケーションが円滑になる可能性もあります。

OJT形式で直接指導が受けられれば、今まで感じていた疑問点や不明点も解消しやすいでしょう。

しかし、簡単な仕事を振ってもらうのは一時的な対処法であり、今後もWeb系でやっていくにはスキルアップのために自ら行動しなければなりません

Web系でついていけないと感じたら、まずは簡単な仕事で自信やスキルを身に着け、自分でも学ぶ機会を増やすようにしましょう。

対処法2. 別部署に異動する

簡単な仕事を振ってもらうのが難しい、立場上誰かに相談しにくい方は、別部署や別のプロジェクトへの異動を検討してみましょう

自由に移動ができる企業であれば、自分に合いそうなプロジェクトや部署について事前に調べておくのがおすすめです。

新しい部署への異動は、人間関係や業務内容のストレスもリセットされるため、環境に不満を感じている方は悩みが解消できるかもしれません

また、自分が興味がある、適正があると感じる部署へ異動できれば、モチベーションの向上が期待できます。

Web系でついていけないと感じていても、環境の変化で視野が広がり、仕事へのやりがいを感じる可能性もあります。

部署異動を検討する際は、しっかりと自分の意向や異動理由を上司や人事に伝えるのが大切です。

さらに異動したい部署の内情や適正スキルについて確認しておくと、ミスマッチも軽減できるでしょう。

対処法3. Web系以外のIT企業に転職する

Web系についていけないと感じたら、エンジニアの経験を活かし、Web系以外のIT企業に転職するのも対処法の1つです。

他のIT企業も新しい技術が発展、登場していますが、ウォーターフォール型のような慎重な開発が多くあります。

比較的プロジェクトの進行もゆったりしているため、休日出勤や残業も減るかもしれません

もちろん参画するプロジェクトや企業にもよりますが、Web系よりは自分の時間が持てるようになるでしょう。

Web系での開発経験は他のIT企業でも十分に活かせるため、転職市場では引く手あまたです。

クライアントとのやりとりで培われた交渉術や企画力、プログラミング知識や技術など、さまざまなスキルが活用できるでしょう。

おすすめIT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選

対処法4. 別職種に転職する

Web系の開発にはついていけないと感じつつ、楽しいと感じているのであればエンジニアから別職種への転職も選択肢の1つです。

例えば、エンジニアからマーケター、デザイナーからディレクターなど、これまでの経験やスキルを活かせる別ポジションに挑戦してみるのもいいでしょう。

Web系の職種は、他のIT系職種に比べて時間や場所を選ばず、働けるのが特徴です。

リモートワークを多く取り入れている企業が多いのも、他のIT職種には少ない魅力でしょう。

Web系の別職種に転職する場合は、自分の興味や関心、活かしたいスキルを中心に検討するのがおすすめです。

同じWeb系でも、始めやすさや稼ぎやすさは職種によって異なり、事前に情報収集しておくといいでしょう。

ただし、Web系の別職種に転職すると、転職後に今の上司や同僚と同じプロジェクトに参画する可能性があります。

横のつながりが広い業界ではあるため、転職すると決めた後も社内でのコミュニケーションは深めておくのが無難です。

対処法5. プログラミングスキルを向上させる

Web系エンジニアとしてのキャリアを積み上げるのなら、プログラミングスキルの向上は欠かせません

プログラミングスキルを向上させるには、次のような方法があります。

プログラミングスキルを向上させる方法

  • 書籍を活用する
  • セミナーに参加する
  • プログラミングスクールを利用する

日々の業務に追われて、独学でのスキルアップが難しいと感じている場合は、スクールやセミナーなどを活用してみましょう。

プログラミングスクールはエンジニア講師から直接、基礎から実践的な内容まで指導してもらえるため、しっかりと知識やスキルが定着します。

費用はかかりますが、独学で疑問点や課題を抱えたまま勉強するよりも、効率的に学べます。(参考:プログラミングスクールの料金相場)

セミナーでは、専門家の講義のほかに、グループディスカッションやワークショップを開催しているケースが多いです。

参加者同士でのディスカッションは、知識のアップデートとともに、仕事への刺激を与えてくれるかもしれません。

同じWeb系のエンジニア同士でつながれれば、今後業務で悩んだときも相談しやすくなるでしょう。

おすすめプログラミングスクールと独学はどっちがおすすめ?【メリットやデメリットも解説】
おすすめプログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較【2024年最新版】

Web系でついていけない人におすすめの転職先

Web系でついていけないと感じたら、転職するのも1つの対処法です。

エンジニアとして働き続けたい場合は、次の3つの転職先が向いています。

Web系でついていけない人におすすめの転職先

  • SIer・受託開発企業
  • 社内SE
  • SES・客先常駐

ここからはWeb系でついていけないと感じた方へ、それぞれの働き方や特徴について開設していきます。

1. SIer・受託開発企業

Web系でついていけないと感じたら、比較的安定した開発基盤が整っているSIerまたは受託開発企業への転職がおすすめです。

SIerはシステム開発を受託する企業で、大規模から小規模までさまざまな開発プロジェクトがあります。

歴史の長い企業が多く、Web系企業と比較して、従業員の年齢や社歴も長いのが特徴です。

また、Web系ではプログラミングスキルやトレンド技術への知識が求められますが、SIerはスケジュール管理能力やコミュニケーション能力が重要視されます。

SIerは教育体制が整っている企業が多いため、プログラミングスキルに自信がなくてもスキルアップできる可能性が高いです。

待遇や環境がいい分、人気のある業種でもあり、転職活動の際は自分のアピールポイントをまとめておく必要があるでしょう。

おすすめWeb系からSIerへの転職はできる?【違いや将来性もご紹介】

2. 社内SE

社内SEは、自社のITシステム運用や開発、保守を行う職種です。

業務内容としては業務プロセスをITシステムへ反映させたり、ITツールを採用してシステム連携させたりと、社内システムに関するさまざまな業務があります。

基本的には社内システムに関する業務がメインのため、Web系業務と比較して新しい技術や知識を必要としません

しかし、企業の業務プロセスを深く理解していないと、ITシステムの改善は難しいため、プログラムスキルよりも経営やビジネススキルが必要とされます。

また、部署の間に入ってシステム改善するケースもあるため、ある程度コミュニケーションスキルも求められるでしょう。

社内SEの経験は将来的にITマネージャーやプロジェクトマネージャーなど、上位職へのキャリアパスも描きやすいです。

おすすめ社内SEでプログラミングできないのは大丈夫?【必要なスキルも解説】

3. SES・客先常駐

最後にWeb系エンジニアの転職先としておすすめするのが、SES・客先常駐としての働き方です。

SESとはシステムエンジニアリングサービスの略で、ソフトウェア開発やシステム開発など、プロジェクトごとに派遣される働き方を指します。

客先に常駐して、さまざまな開発に携わるため、新しい技術や知識も身につくでしょう。

ただし、異なる企業のエンジニアが集まって作業する客先常駐は、周りとのコミュニケーションが取りづらいなどのデメリットもあります。

ある程度コミュニケーションが取りやすくなったところで、プロジェクトが解体されればまた一から関係を築いていく必要があるのも人によっては負担を感じるようです。

人間関係や現場の雰囲気に不満を持っていても、プロジェクトが解散されれば環境がリセットされるのは、メリットと言えるでしょう。

おすすめSESのホワイト企業・優良企業の見分け方【優良企業ランキングもご紹介】
おすすめ客先常駐は楽しい?【向いている人や体験談もご紹介】

Web系でついていけない人におすすめの転職エージェント

Web系は発展の早い業界なため、常に勉強し続けなければなりません。

ついていけないと感じたら、体調やメンタルに影響が出る前に転職してしまうのもおすすめです。

新しい環境に慣れるまでは大変かもしれませんが、従来の就業条件や環境に不満を感じているのであれば転職エージェントへの相談がおすすめです。

転職エージェントは、あなたの代わりに各企業へエントリーシートを送付し、就業条件など細かい条件の交渉をしてくれます。

ここからはおすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

Web系でついていけない人におすすめの転職エージェント①マイナビIT AGENT

マイナビITエージェント

画像引用元:マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTは、IT・Webエンジニアを対象とした無料の転職支援サービスです。

IT業界に特化したキャリアアドバイザーが、あなたの経験やスキルにマッチした企業を提案してくれます。

企業とのマッチングの他にも、キャリアシートの添削や面接対策、ITエンジニアとして活躍する方法など、充実したサポート体制が整っています。

マイナビIT AGENTの転職後定着率は97.5%と非常に高く、満足度の高い転職体験ができていることがわかります。

マイナビITエージェントが選ばれる理由

画像引用元:マイナビIT AGENT

また、文系出身に向けて、ITエンジニアとして活躍するためのポイントについても教えてくれるため、プロジェクト参画後も焦らずに済むでしょう。

マイナビIT AGENTは文系からITエンジニアを目指す方、質の高い求人を探している方におすすめです。

>> マイナビIT AGENTの公式サイトを確認する
※マイナビのプロモーションを含みます。

Web系でついていけない人におすすめの転職エージェント②Geekly

Geekly

画像引用元:Geekly

今のプロジェクトでついていけないと感じつつ、別の分野や職種で働きたい方におすすめなのがGeeklyです。

GeeklyはIT業界の中でも、ゲームやWeb業界に特化した転職エージェントで、エンジニア出身のアドバイザーも多く在籍しています。

職種ごとに専門キャリアアドバイザーを設置しているため、自分の適正や企業で求められているスキルレベルなども相談しやすいです。

転職活動にGeeklyを利用した方の81%は年収がアップしていて、案件も非公開求人を28,000件以上登録されています。

Geeklyの実績

画像引用元:Geekly

また、内定までの平均日数が30日と比較的短めなため、短期間で転職活動を終わらせたい方にぴったりでしょう。

>> Geeklyの公式サイトを確認する

Web系でついていけない人におすすめの転職エージェント③レバテックキャリア

レバテックキャリア

画像引用元:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、独自の調査方法で企業の内部事情に精通し、高いマッチング力がある転職エージェントです。

入社後のマネジメント方法や職場の雰囲気、繁忙期と通常期の残業割合など、自分だけでは得られない社内事情が知れます。

アドバイザーはエンジニア出身の方が多く、15年以上もエンジニアとクリエイターの求人を取り扱ってきただけあって、業界への知見も豊富です。

実際にレバテックキャリアを利用した口コミを確認すると、97%の方がアドバイザーが誠実であると回答しています。

レバテックキャリアの評判

画像引用元:レバテックキャリア

また、企業ごとに対策されたキャリアシートと模擬面接によって、初回提案時の内定率は90%と非常に高いです。

実際に過去にあった質問例や採用見送り例を元に模擬面接が行われるため、本番でも上手にアピールできるようになるでしょう。

>> レバテックキャリアの公式サイトを確認する

おすすめIT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選を解説

IT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選を解説
IT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選を解説

IT業界・エンジニア職で転職活動をしたい!おすすめのエージェント・サイトは何があるかな... エンジニア向けのおすすめの転職エージェントを利用して、有利にエンジニア転職を進めたい! 今回はこんな悩みに ...

続きを見る

まとめ:Web系でついていけない?【対処法やおすすめの転職先も解説】

今回はWeb系でついていけない理由や体験談、対処法やおすすめの転職先などについて解説しました。

Web系でついていけない主な理由は以下の通りです。

Web系でついていけない主な理由

  • 求められるスキルレベルが高い
  • スピード重視で流れが早い
  • 技術習得し続ける必要がある

またWeb系でついていけないときの対処法は下記を抑えておきましょう。

Web系でついていけないときの対処法

  • 簡単な仕事を振ってもらう
  • 別部署に移動する
  • Web系以外のIT企業に転職する
  • 別職種に転職する
  • プログラミングスキルを向上させる

Web系でついていけない人におすすめの転職先は以下の通りです。

Web系でついていけない人におすすめの転職先

  • SIer・受託開発企業
  • 社内SE
  • SES・客先常駐

Web系や他の企業との比較について更に詳しく知りたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

IT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選を解説
IT業界・エンジニアに強い転職エージェントおすすめ15選を解説

IT業界・エンジニア職で転職活動をしたい!おすすめのエージェント・サイトは何があるかな... エンジニア向けのおすすめの転職エージェントを利用して、有利にエンジニア転職を進めたい! 今回はこんな悩みに ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
CloudInt編集部

CloudInt編集部

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOコンサルティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクール等での私の体験・経験に基づき記事を執筆・編集・監修。

-エンジニア就職・転職

Copyright © CloudInt All Rights Reserved.