お知らせ

CLOUDILの活動について情報公開しています。

images

IoT活用から働き方改革まで道内の取組を一同に 「中小企業クラウド活用事例コンテスト in 北海道」

2018年01月19日(金)

厳しい北国の冬は雪と低温に阻まれ予定通りに動けないこともしばしばです。

しかしクラウドコンピューティングによって、どこにいても業務環境にアクセスできるようになりました。また、IoTを活用した遠隔地のモニタリングや見守り、漁業や農業の現場での活用での流通改革や、マーケティング改革、そして、社内業務の効率化など、クラウドの可能性は大きなものがあります。

しかし、中小企業にとってITは縁遠いもので高額という悩みがあります。そこで、道内からクラウドの活用で先進的な取り組みをおこなっている中小規模の事業者が一同に会して、競い合うコンテストを開催することとしました。

我こそはという取り組みをしている企業のみなさまのみならず、同じ悩みを持つ方々の前で発表してよりよいものにしたいと思っている企業のみなさまも奮ってご応募ください。

そして、発表するまでには至らないが、勉強したい、他の会社のナマの事例を聞いてみたいという方も、ぜひ最終選考会当日にご来場くださいますようお願い申し上げます。


このページはコンテスト応募のエントリー説明です。最終選考会へのご来場は以下のページからお申込みください。

URL:http://cloudil.jp/seminar_detail.php?D_ID=35

 

◯主催 一般社団法人クラウド活用・地域ICT投資促進協議会(CLOUDIL  

◯共催 総務省北海道総合通信局

    釧路ITクラスター推進協会

◯後援 釧路市

    一般社団法人 北海道IT推進協会

    北海道ITコーディネータ協会

    釧路IoT推進ラボ

○協力 リコージャパン株式会社 北海道支社

    富士ゼロックス北海道株式会社

◯事例応募受付期間

2018122日(月)から2018216日(金)18時(必着)

 

応募要領にあるフォーマットに必要事項を御記入の上、下記のメールアドレスにメールでお送りください。

CLOUDILにて審査の後、最終選考会への参加の是非をご連絡させていただきます。

最終選考会への参加ができなくとも応募は可能ですが、下記の賞の対象とはなりません。

 

応募受付メールアドレス: 応募要領に記載しています。

 

◯コンテスト最終選考会

2018227日(火)13:3016:00(受付開始:13:00

釧路センチュリーキャッスルホテル

085-0837 北海道釧路市大川町2丁目5

 

◯賞の種類と副賞

北海道総合通信局長賞 1

釧路市長賞 1

 それぞれ副賞として賞金10万円

優秀賞 3

 副賞として12万円

 

最終選考会でのプレゼンテーションを聞いた上で、クラウドを専門領域とする審査員と会場の投票を合計して決定します。

※詳しくは応募要領を御覧ください。

 

◯応募資格

北海道内を中心に事業活動を行っている中小規模事業者であること。※詳しくは応募要領を御覧ください。

 

こんな事例をお待ちしています!

 

・社内業務が効率化した

・農業でIoTにチャレンジしている

・漁港とお客様を直接繋いで収益が上がった

SNSを活用して外国人観光客が増えた

・在宅勤務やリモート勤務で働き方が変わった

 

たくさんのご応募をお待ちしています。


応募要領は以下をご参照ください

添付ファイル

20180124192716_yu0jo8v39fhztea2.pdf

活用事例